全日本MX観戦とジャパンVETブース開設♪

4月21〜22日 MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第2戦がオフロードヴィレッジで開催された。
カミカゼはジャパンVETブースを出しつつ、じっくり観戦も。

AL6019VETブースweb.JPG
 ↑ ジャパンVETブース。ジャパンVETを主催するウェストポイントさんは、この日の全日本の主催でもあり多忙極まるので、ジャパンVETスーパーバイザーのカミカゼが、毎回ブースを出して宣伝している。今回はキャッチとして、レストアされたばかりの1979年型KX125を展示した。
VET仲間はもちろん、昔からの知り合いやファンの方など様々な人が訪ねて来てくれてありがたい。

AL6037川島選手とweb.JPG
 ↑ 全日本会場はいつも多くのスポンサー様、仲間、先輩、後輩に会える場所。HONDAエリアで仕事中の後輩レジェンド川島雄一郎くんと。

AL6038SHOEIブースweb.JPG
 ↑ SHOEIブースでは久しぶりにエビサワさんと会い、進化著しい新型ヘルメットを見せてもらう。

AL6041スノーバイクweb.JPG
 ↑ これがスノーバイク。ドリームトキ製のリア周りを装着した『SNOWLEOPARD』。また「北海道に乗りに行きたい病」が出てしまうー。

IMG1342ダグさんとweb.JPG
 ↑ 毎年ワールドVETで会う世界的レジェンド、ダグ・デュバックさんがYAMAHAのアドバイザーとして来ていた。本当にいつもナイスガイなのだ。

BL2717ナリタweb.JPG
 ↑ レースのほうは、IA1ヒート1でホンダワークス成田アキラ選手が逆転勝ち。1位/5位で総合3位。

BL2802ケイまこりんweb.JPG
 ↑ カワサキワークスの小方誠選手は2位/2位で総合2位。ヒート2でホンダワークス山本鯨選手を鋭くパス。

BL2809あらいちゃんweb.JPG
 ↑ IA1総合優勝はカワサキワークスの新井ヒロアキ選手。ヒート2は単独トップ走行だった。


posted by Kamikaze130 at 13:18 | モトクロス

ジャパンVETで鈴木忠男氏SPLブース&忠さんご来場予定!

★5月6日 ジャパンVET@オフロードヴィレッジに、

忠さん ことレジェンド 鈴木忠男さん来場予定&SPLブース開設!★


話題のモトクロス全日本に続いて、ジャパンVETにも『鈴木忠男トリビュートブース』を開設、忠さんも来場予定で、昼休みにレジェンドステージをおこないます。


今年の記念Tシャツは忠さんのデザインですから、サインをいただけますね!



事前エントリーも絶賛受付中。エントリー先はウェストポイントさんです。...
エントリー案内http://www.westpoint.co.jp/2018vet_shousai.pdf

JAPANVETロゴIMGweb小.jpg


posted by Kamikaze130 at 10:22 | モトクロス

ジャパンVET ご協賛大募集中!

◆2018ジャパンVET情報/スポンサー様 大募集中!


【確定スポンサー様一覧 (4月10日現在)】

バイクショップハラグチ 様  レジェンド原口衛さん、毎年参加です!

(株)テクニカルスチール 様  社長も初参加します!

(株)ホーリーエクイップ 様  鈴木忠男氏トリビュートブース開設します!

(株)井上ゴム工業 様     豪華賞品あります!

(株)ウェストウッド井原商会様 第1回から応援いただいています!
(株)プロストック 様     MX関連用品のプロストック様!
(株)ジャペックス 様...    ガエルネブーツが誰かに当たる!
(株)SHOEI 様         豪華賞品あります!
(株)ラフアンドロードスポーツ様第1回から応援いただいています!
円陣家至高油類商 様     恒例オイル注入サービスあり!

久保守 様          東希和レーシングで応援いただいています。

**********

【★協賛 大募集!★】
開催にあたり、イベントの充実および今後の継続に応援いただけますご協賛企業・個人様を、下記内容にて募集いたします。協賛各社はプログラム・雑誌・web関連ページ等で掲載いたします。
ぜひともご検討いただけますよう、お願い申し上げます。

@A協賛/記念Tシャツ ご協賛 1口につき 10.000円。
販売用オリジナル記念Tシャツ『第12回ジャパンVET・T』に、御社指定のロゴマークをプリントいたします。ロゴ前回流用の場合はその旨を、新規ロゴはロゴ(イラストレーターデータ)をご手配頂きまして、4月16日(月)迄にご連絡ください。

●協賛金のお振込先/青木信用金庫 北支店 普通口座 3152353 カミカゼスポーツ
御社への請求書発行をご希望の場合はお申し付けください。 

AB協賛/物品協賛  賞品に活用いたします。内容・数については御社でご決定いただき、カミカゼスポーツ迄ご送付いただければ幸いです。御社商品のチラシやリーフレットなどの配布も可能です。

◆A協賛、B協賛いずれも、当日は無料にてブース(展示・販売)出展いただけます。ご出展に際してはスペース区画を確保しますので、事前にご連絡ください。


ウェストポイント本店TEL.049-245-4141
カミカゼスポーツe-mail vzq12764@nifty.com


【開催告知】
30歳以上のアマチュアライダー・サンデーライダーを対象としたモトクロスイベント『2018 第12回 ジャパン・ベテラン・モトクロス・チャンピオンシップス』(通称ジャパンVET)が、今年も開催の運びとなりました。オフロードヴィレッジを会場に、ベテラン向けの和気あいあいの内容です。ここまで継続してこれましたのも一重に、応援くださる皆さまのおかげです。

●開催日:2018年5月6日(日)  ●会場:埼玉県 オフロードヴィレッジ 特設コース
●主催・運営:ウェストポイント  ●事務局:ウェストポイントクラブハウス(TEL.049-226-4141)
●スーパーバイザー :カミカゼスポーツ 伊田井佐夫(TEL.048-269-3389)

【開催の主旨】
何歳になっても年齢相応に永く楽しむモトクロスの普及。生涯の趣味として、モトクロス文化が日本にも深く根付いていって欲しい。イベントの誕生は2007年、伊田井佐夫がアメリカの『ワールドVET』参戦を通じ、その大会形式をベースに日本向けの『ジャパンVET』を企画、現在は主催運営をウェストポイントが手掛けます。
参加条件は30歳以上ということのみ。クラスは年齢別と技量別に分かれ、初心者から同レベル同士が走って楽しめます。年1回このイベントがあることで、多くの中高年ライダーが、趣味のモトクロスを継続する環境作りと、再開するためのきっかけ作りを目指しています。

JAPANVETロゴIMGweb小.jpg

posted by Kamikaze130 at 10:27 | モトクロス

2018のウェアです

2018年のカミカゼの衣装です。

BL1820伊田2018プロフィール用2web.JPG

BL1803伊田2018プロフィール用web.JPG

BL1834伊田2018プロフィール用3web.JPG


posted by Kamikaze130 at 16:04 | モトクロス

3月25日 MCFAJ@MX408で全開♪

MCFAJクラブマンモトクロス第2戦が3月25日、茨城県MX408で開催され、GPクラスを走った。

BL1850スタートweb.JPG
 ↑ モトクロス日和の好コンディション。GPクラスにはIA2の横山選手、レジェンド平井選手もいて、SEクラスと混走で賑わった。#130カミカゼのJTウェア、おニューである。

BL1868伊田web.JPG
 ↑ ヘルメット、ウェア、ブーツ、マシンと全体良い感じにデザイン。19歳IA2の横山選手に続き、快調にぶっ飛ばす。

BL1933伊田web.JPG
 ↑ from behind

BL1920ヒート2web.JPG
 ↑ ヒート2は#634大内ケンヤ選手がハリキル。ケンヤ選手は体重を10kg絞ってきてレース後半も持久力が出た。

BL1941ケンヤ伊田web.JPG
 ↑ ラスト2周で追いついた。このあとラスト1周でカミカゼがトップに出たが、フープスで再びパスされた。

BL1960表彰web.JPG
 ↑ GPクラスポディウム。1位横山遥希選手、(彼のお父さんは41歳だって・・・!)2位カミカゼ、3位に元IA平井亨選手。

速いライダーに囲まれ、とても良い鍛錬になった。



posted by Kamikaze130 at 15:58 | モトクロス

掲載等の写真は こちらをお使い下さい。

誌面やweb、その他で伊田の写真掲載をご希望の媒体および企業様は、事前に使用目的等のメールまたはお電話をいただきまして、こちらの写真をご利用下さい。

BL1803伊田2018プロフィール用web.JPG

BL1820伊田2018プロフィール用2web.JPG

BL1834伊田2018プロフィール用3web.JPG
posted by Kamikaze130 at 00:00 | プロフィール・戦歴

ジャパンVET 開催案内&エントリー用紙

ジャパンVETの開催&エントリー案内です。
エントリー先は主催運営のウェストポイントさんです、エントリー締切は4月18日となっています。

KIMG0071[2].JPG

KIMG0072[1].JPG


posted by Kamikaze130 at 10:15 | モトクロス

2018ジャパンVET5月6日開催決定!

第12回ジャパンVETは5月6日 オフロードヴィレッジで開催!
主催・運営事務局はウェストポイントさんです。

参加条件は30歳以上、それだけ。ノービスからエキスパート、レジェンドまで、すべてのライダーに向けたベテランモトクロスです。年齢別と技量別のクラス分け、ベテラン向けレイアウトで、怖い思いをせず楽しめます。


JAPANVETロゴIMGweb小.jpg




posted by Kamikaze130 at 11:57 | モトクロス

3月4日、上越国際で爆滑♪

新潟県 上越国際スキー場で モトクロス仲間とスノースクート。
春の雪になってきた。終日晴天に恵まれ、素晴らしい眺望を愛でながらの大滑降。

IMG1295上越国際web.JPG
 ↑ Yeah〜  スノースクート歴20年のベテラン(カミカゼ)から今シーズン始めた人まで、一緒に滑れるのがスノースクートの楽しいところ。山頂にて。

IMG1302上越国際web.JPG
 ↑ あっというまに直滑降でぶっ飛ばしていくカミカゼ(赤ジャケット)

IMG1297上越国際web.JPG
 ↑ 上越国際は、広い。ゲレンデ間をリフトで移動する場所もある。

IMG1311上越国際web.JPG
 ↑ いまどきスキー場は日曜も空いてて快適

IMG1307上越国際web.JPG
 ↑ 気持ち良し。

IMG1313上越国際web.JPG
 ↑ 八海山をはじめ名峰が美しい


すでにモトクロスも始まっているが、もう1回くらい行きたい。忙しい(笑)。






posted by Kamikaze130 at 10:00 | モトクロス

2月25日 MCFAJ開幕戦で全開♪

2018 MCFAJクラブマンモトクロスがオフロードヴィレッジで開幕、GPクラスに参戦した。

AL5291伊田web.JPG
 ↑ 朝の開会式で GPクラスの昨年度ランキング表彰を新津会長からいただく。ランキング1位は田渕武くん、カミカゼは2位認定証。今年も楽しく走ります!

BL1292伊田web.JPG
 ↑ GPクラスとSEクラス ヒート1の第1コーナー。大外から田渕くん(ルーストだけ写っている)がホールショット。手前#634大内ケンヤ選手、#41パワーバンドの木村選手。

BL1337伊田web.JPG
 ↑ 気温が低く、久々のレースなので慎重に走る。セッティングもまだ完全ではなくヒート1は不完全燃焼気味。

BL1443伊田web.JPG
 ↑ ヒート2、GPクラスの3台 #386横山選手(今年MFJでIA2を走る19歳)、田淵くん、カミカゼ。このあと田渕くん大クラッシュで鎖骨・肩甲骨・肋骨が折れてしまったらしい。早く治りますように。

BL1345伊田web.JPG
 ↑ ヒート2も安全に走りGPクラス総合2位。今年も秋のワールドVETに向け、MCFAJ、ジャパンVET、ジャパンマスターズなどで鍛えていきます。一緒に走りましょう!

★30歳以上ならノービスから誰でも出て楽しいジャパンVETは5月6日オフビ、5月6日オフビ! 詳細は主催運営ウェストポイントさんの発表を待ちましょう!

posted by Kamikaze130 at 11:49 | モトクロス

旧友の個展へ

90年代のMTBレース時代、カミカゼが所属した「チーム サイクルワールド」で一緒だった牧野弘樹氏が、MTBライダーから木工作家に転身、池袋でおこなわれている個展『牧野弘樹 木工作品展』に行ってきた。

IMG1282牧野さん個展web.JPG
 ↑ 感動の再会、15年以上ぶりかと思う。牧野氏は数年前に国展の新人賞を受賞して国画会会員となり(←スゴイことなのだ!)、芸術界で活躍する「牧野先生」になっていた。

IMG1273牧野さん個展web.JPG
 ↑ MTB時代の懐かしい話から近況まで花が咲いた。会場は西武池袋本店の本館、高級ブランドフロアにあるアートギャラリー。

IMG1270牧野さん個展web.JPG
IMG1275牧野さん個展web.JPG
IMG1274牧野さん個展web.JPG
 ↑ デザインも漆塗りも価格も、カミカゼには日頃とんと縁のない(笑)高級家具、高級小物の世界。注ぎ口のある『片口』は、「イワナの骨酒」用の器から発展したものだそうだ。

IMG1290牧野さん個展web.JPG
 ↑ ウーム。芸術品。


個展は2月13日(火)まで開催中。

牧野弘樹 木工作品展




posted by Kamikaze130 at 10:39 | MTB

妙高高原で全開!大滑走

冬のカミカゼは雪山でスノースクート。妙高高原 池の平と杉ノ原で爆滑走。

IMG1261池の平web.JPG
 ↑ さぁ、今日もぶっ飛ばすぞ!

IMG1260池の平web.JPG
 ↑ 初日は池の平は好きなゲレンデのひとつ。野尻湖や野沢温泉、苗場も見えた。

IMG1263タトラ館web.JPG
 ↑ 滑ったあとは池の平温泉に浸かり、夕食は宿から徒歩1分のビール工場レストランで飲み放題&バイキング。出来立ての妙高高原ビール(計5種類)を各々「くーーっ!」「ぷはぁーっ!!」と唸りながら、じゃんじゃんおかわり。

IMG1265部屋でweb.JPG
 ↑ 第2ヒートは部屋で日本酒『大雪渓』の特別美味しいやつ。岐阜、長野、山梨、埼玉から集結した長年のスクート仲間オヤジ、プラス、この日が初スクートながら天晴な滑りを見せた青年1名。宿の温泉もなかなか良かった。

IMG1269杉の原web.JPG
 ↑ 翌日は新雪の杉ノ原へ。カミカゼは初めてのゲレンデなのでマップ見ながら長距離大滑降に期待。

IMG1268杉の原web.JPG
 ↑ いい感じでみっちり新雪を堪能した。足腰と心肺機能のかなり良いトレーニングになる。


posted by Kamikaze130 at 13:29 | SCOOT

ガエルネSG10 トリコロール

愛用のMXブーツ 毎年書くが、ガエルネのSG10が素晴らしい。

これまで長らくホワイトを履いてきたが、今年はトリコロールモデル。かっこいい!
動きやすく、速やかに足に馴染む。本当に最高。

IMG1253ガエルネSG10web.JPG
 ↑ もっか新JTウェアにマーク入れ中。揃ったらポートレート(笑)撮ります。

posted by Kamikaze130 at 13:10 | モトクロス

2018 今年も走る!

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

年明けは恒例の雪山へ、シーサイドバレーや白馬47で滑り、温泉に浸かり、先輩の糸魚川ゴローさん宅で大宴会だった。
上條撮白馬26653777_1596149733784246_157455561_o.jpg
同い年、現役IBのオサーム氏と白馬大滑走。

上條撮白馬26653954_1596149747117578_1268788243_o.jpg
スノースクート 結構たくさんいたね。(雪山撮:エボリューション上條氏)

2018正月糸魚川中込IMG_2697.JPG
先輩の新居で新年会。今年も元気なおじさんたち。

2018正月糸魚川中込IMG_2700.JPG
 ↑ 大変豪勢な海の幸だった。(宴会撮:ベコスタ中込氏)


で、雪山から戻ると世間は3連休(笑)、まだ仕事始めにならないので、連休最終日にモトクロス練習に行ったらなんと貸し切り状態(驚)。昼から雨。皆さん天気予報きっちり見てるんですね。




posted by Kamikaze130 at 10:22 | モトクロス

12月24日、ダートスポーツ感謝祭で全開♪

一将祭に続き、翌週の『ダートスポーツ感謝祭』にも出場。ケガが癒えて急に元気(笑)。

カメラマンがダートスポーツのオフィシャル撮影をした関係で、写真はダートスポーツ発行(1月24日)後にアップします。


posted by Kamikaze130 at 12:34 | モトクロス

12月17日 一将祭で全開♪

12月17日、MX408で開催された『一将祭』に参加してきた。

かずまさまつり は、レジェンド増田一将とウェストウッドによる毎年恒例の感謝祭イベント。

カミカゼは長年お世話になっているウェストウッド様に感謝の気持ちを込めてレジェンドクラスに参戦し、
後輩レジェンド(芹沢ナオキ、渡辺マナブ、田淵タケシ、中山トール、オサダ智邦、後藤ケンイチロー、片平タツヒデ、大内ケンヤなどなど12台)と一緒に全開を楽しんだ。

AL3841ピットでweb.JPG
 ↑ 11月のワールドVET「もらいクラッシュ」でのケガもようやく癒えて、久しぶりのレース。慎重に走ろうとも思うのだが、、、

BL9055ヒート1web.JPG
 ↑ 走り出せばやはり全開だ。レジェンドクラス ヒート1は4番手〜5番手争いに加わる。

BL9068走りweb.JPG
BL9183走りweb.JPG
 ↑ さすがに全体スピードが高い 。。。負けじとカミカゼもぶっ飛ばす。

BL9131走りweb.JPG
 ↑ フープスセクション。ギャラリーも結構いる。

BL9307ヒート2.JPG
 ↑ ヒート2はスタートから一気に。#2オサダ智邦、#3渡辺マナブ。

で、ヒート2には「ジョーカーレーン」というのが導入された。遠回りになるシケインがあり、ゴールまでに必ず1回通らなければいけないという「いつ通るか、ちょっと駆け引き的」なセクションだ。いきなり順位が大きく上下する。おもしろいね。

BL9323走りweb.JPG
 ↑ ヒート2序盤は渡辺マナブと競り合う。パスされたがまた抜き返したり、楽しかった。

最長老としては(笑)、このメンバーの中でのレースは最後尾になっても仕方ないが、そこは踏ん張って6位/8位の総合7位。ヒート2でエンストミスがあったのが悔やまれる。

AL3804ピットでweb.JPG
 ↑ ピットでVETライダー歓談。田渕タケシ君(右)は連続転倒DNF、気合い入り過ぎ。
一将祭のようなキッズからベテランまでいるお祭りイベントも賑やかでいいね!

一将祭の模様は月刊ダートスポーツ1月24日発行号にて掲載されます。


★速報:『第16回 ジャパン・マスターズ of モトクロス』は、WER(ウィークエンドレーサーズ)2018シリーズの中に併催予定です。40歳以上のレジェンド限定大競演。詳細発表をお楽しみに!
posted by Kamikaze130 at 15:19 | モトクロス

忘年会!

ウチワ仲間で今年最初の忘年会開催。
ドアの外でカミカゼがみずから揚げた天ぷら、炭火焼きのアユと鹿肉。刺身、焼き鳥、キノコ鍋、とかなりグルメ!である。

20171125忘年会IMG1235web.JPG
20171125忘年会IMG1230web.JPG
 ↑ 右からH160さん、Nベコスタさん、カミカゼ130、K崎さん。オヤジ一色、オヤジ全開。

ワールドVETでもらったケガもようやく癒えてきたので、そろそろ走り始めます。しばらくはレースではなくスポーツ走行です。
冬のスノースクート話も盛り上がった。
posted by Kamikaze130 at 13:46 | モトクロス

2017ワールドVET

11月3〜5日、グレンヘレンレースウェイでの第33回ワールドVETに遠征してきた。

その前週、グレンヘレンでは『VETの前哨戦』になっているREMというローカルレースがあり、マシン慣らしを兼ねてREMの+60エキスパートにエントリーした。なるほど顔ぶれはワールドVETの一部という感じで、早くも盛り上がっている。

さぁ、今年も『カミカゼホールショット』をびしばしお見舞いすることにしよう。
AL2121いだweb.JPG
 ↑ ワールドVET前週のREM、+60エキスパートクラス。この日のライバルは地元ライダーのボブ・キャスパー(#102)。ボブ1位/2位、カミカゼ2位/1位で総合優勝をいただいた。練習レースとして好調な出だし。

AL2098いだweb.JPG
 ↑ REMの日のグレンヘレンは35度位まで気温が上がった。「これがカリフォルニア!」な感じ。

AL2191クラッシュweb.JPG
 ↑ REM +60クラスのヒート2終盤にアップヒルで起きた16台多重クラッシュ。トップ争いをしていたボブとカミカゼにラスト1周を知らせるフラッグが出されたあと、このクラッシュによりレースは急きょ赤旗チェッカーとなった。現場の惨状に驚きつつ引き返す、右下がカミカゼ。その左横で倒れているのが、レジェンドでワールドVETのコース監修を担当するジョディ・ワイゼル、腕を骨折してしまった。

REMを終え、ワールドVETまではマシン整備や練習、頼まれた買い物、カリフォルニアワインの飲み比べ(笑)などして過ごす。
そして3日(金)の公式練習でワールドVETが開幕。

AL2673いだweb.JPG
 ↑ 4日(土)+60エキスパートクラス ヒート1で順調にホールショット〜第2コーナーへ。そのままトップで逃げきった。

BL1213土曜web.JPG
 ↑ ヒート2はスタートに失敗、第1コーナーを8番手でまわる。トップにチャック・サン、4番手にチャンドラー佐藤がいる。カミカゼはこの先の連続アップヒルとダウンヒルでせっせとパスを重ね、

BL1220伊田チャックweb.JPG
 ↑ やがてトップのチャックに追いつく。81年AMA500チャンピオンのチャックとは同じ年で、毎年楽しくバトルしている。今年のチャックは、ハスクバーナの手厚い体制で『VETハスク大使』的存在だ。

BL1229伊田チャックweb.JPG
 ↑ チャックをパス。後方にチャンドラーがいる。土曜は順調にピンピン勝利した。カナダのピートは他クラスを走っており、土曜は平穏無事に終了。

AL2220いだweb.JPG
IM1199伊田タイヤ交換web.JPG
 ↑ 今年は田村さん、持丸さんがサポートで飛んできてくれた。なんと心強い! サスセッティング、FIマッピング、タイヤ交換、スタートサポートまで、これはもうファクトリー体制だ。本当にありがとうございました。

そしてワールドVETは日曜がメインレースである。
が、朝からまさかの大雨に完全マディ。周りは「カナダのピートと日本のイダ、どちらもマディに強いらしい・・・」などと噂している。雨のカリフォルニア、上等だぜとピートに挑む。

BL1383日曜web.JPG
 ↑ ヒート1でホールショットをいただくカミカゼ。ピートはここで10番手あたりにいるが、あっというまに前に出てきて、やがてピートとのトップバトルへ、想定どおりの展開に。

BL1408伊田vsピートweb.JPG
 ↑ 宿敵カナダのピート・ディグラーフ(#16・63歳)とバトる。左端にチャック・サンが見える。

2番手を走っていたカミカゼは、ピートの隙をついて仕掛けるが、そこで転倒してしまう。その間に#102ボブ(REMでのライバル)に抜かれ、再スタートしたカミカゼはボブの後方へと追いついた。このままいけばボブはパスできるはずだったが、眼前でボブが転倒、ボブのマシンがカミカゼの前に滑り出してきて絡んでしまい転倒、カミカゼ負傷。「ボーブー・・・ 何やってんだぁ」(本音)。

全身打撲と切り傷、擦り傷、肋骨は折れたりクラックな感じでカミカゼのワールドVETは終わった。大変悔しいが仕方がない、これがレースだ。ピートは今年も余裕で+60チャンピオンを取っていった。

●2017 第33回ワールドVET
土曜 +60エキスパート 1位/1位 総合1位
日曜 +60エキスパート 16位/DNS 総合19位

応援いただきました企業様、声援いただきました皆様、ありがとうございました。
また来年!挑戦します。
これからもよろしくお願いします。


IMG1040MSRweb.JPG
 ↑ MSRのミュージアム階で。マルコム・スミスのコレクションがずらり。

IMG1214BBCweb.JPG
 ↑ USA最後の夜は恒例のビール工場レストラン ロングビーチのBBCで締めくくる。ケガなく最後まで元気に走り切って飲みたかった、、、、。ほろ苦いビールとなったが、この苦さがBBCの美味さでもある(笑)。

IMG1229機内web.JPG
 ↑ 帰りの飛行機は偶然にもチャンドラー佐藤と並び席になりびっくり。最後の最後まで楽しかった! それにしてもチャンドラーは「スッチーボタン押してまで」ビールばかり飲んでいたよ。

ではまた来年!!
AL2737いだweb.JPG
 ↑ 名物セント・ヘレンのアップヒル。山頂の星条旗は故トム・ホワイトを追悼する半旗に。トムさん、ワールドVETを立ち上げ、継続してくれてありがとう、おかげでめちゃくちゃ楽しいMXライフです。RIPトム。

●ワールドVET 公式サイト

posted by Kamikaze130 at 12:59 | モトクロス

全日本関東大会でジャパンVETブース

10月7〜8日 MFJ全日本モトクロス関東大会@オフロードヴィレッジでは、ジャパンVETブースを開設し、ジャパンVETの宣伝、VETライダーの親交の場とした。

IMG0969ジャパンVETブースweb.JPG
 ↑ 今年5月の記事や写真展示で来年の開催を宣伝するジャパンVETブース。今回は希少なCR250R(1980年・無限キット装着)を、オーナーの島田様の全面協力を得て展示した。

IMG0983展示web.JPG
 ↑ かっこいい〜。島田さんは現在もこのバイクでMCFAJやチキチキVMXを走っている。

IMG0982高田さんミッキーとweb.JPG
 ↑ ブースには大勢のVET仲間が遊びに来てくれて歓談。ケガから復活した高田寛さん(左)、兵庫県から立脇ミッキーさん(右)。

IMG0966歓談web.JPG
 ↑ 左からHONDAの井本さん、ドン森岡さん、実況担当みしなさん。大御所が集まる。

IMG0984岩辺さんミッキーさんとweb.JPG
 ↑ 岩辺アキラさん(中央)、こんど飲もうと言いつつお互い多忙でなかなか実現しないけど、久しぶりに会った。

IMG0968川島雄一郎くんとweb.JPG
 ↑ ホンダブースではレジェンド川島雄一郎くんと。「またジャパンVET走ってね!」

IMG0974池田さんとダミアン号web.JPG
 ↑ 隣りにはドリームトキ 池田さんのブースがあり、2輪駆動車の「ダミアン」と「コマ」を展示していた。写真のダミアンは1991年の全日本で藤本選手がライドした。さらに今回はゲストマーシャルで走って注目を浴びていた。世界屈指の職人、池田さんと。

IMG0963ドリームトキブースweb.JPG
 ↑ そしてこちらの赤いのが「コマ」。

IMG0988マツケンさんweb.JPG
 ↑ オフロードヴィレッジの大スポンサー『マツケンダブルジャンプ』の松原社長(左から2人目)ご一行様と。


全日本も白熱のポイント争いになったが、「趣味のVETライダー」も皆さん元気にモトクロスを楽しんでいる。


posted by Kamikaze130 at 12:33 | モトクロス

久しぶりシリーズ。

夏の思い出のひとつは孫が遊びに来て久しぶりに会えたこと。

201708IMG0674web.JPG
 ↑ 親子4代。孫の杏里はすっかり上手に歩くようになった。


そして先日は志賀ちゃんと久しぶりに西川口で飲んだ。川口といえばホッピーに焼きとんの『広瀬川』。
IMG0960志賀さんと.JPG
 ↑ 80年代にチャンピオン争いをした、HRCでチームメイトだった志賀吉信選手。彼はパイロット免許を持ち空を飛ぶのを趣味としていて、高所恐怖症のカミカゼとしてはアッパレなのである。積もる話が尽きない。これからもたまには飲もう!


posted by Kamikaze130 at 09:40 | モトクロス