2017ワールドVET

11月3〜5日、グレンヘレンレースウェイでの第33回ワールドVETに遠征してきた。

その前週、グレンヘレンでは『VETの前哨戦』になっているREMというローカルレースがあり、マシン慣らしを兼ねてREMの+60エキスパートにエントリーした。なるほど顔ぶれはワールドVETの一部という感じで、早くも盛り上がっている。

さぁ、今年も『カミカゼホールショット』をびしばしお見舞いすることにしよう。
AL2121いだweb.JPG
 ↑ ワールドVET前週のREM、+60エキスパートクラス。この日のライバルは地元ライダーのボブ・キャスパー(#102)。ボブ1位/2位、カミカゼ2位/1位で総合優勝をいただいた。練習レースとして好調な出だし。

AL2098いだweb.JPG
 ↑ REMの日のグレンヘレンは35度位まで気温が上がった。「これがカリフォルニア!」な感じ。

AL2191クラッシュweb.JPG
 ↑ REM +60クラスのヒート2終盤にアップヒルで起きた16台多重クラッシュ。トップ争いをしていたボブとカミカゼにラスト1周を知らせるフラッグが出されたあと、このクラッシュによりレースは急きょ赤旗チェッカーとなった。現場の惨状に驚きつつ引き返す、右下がカミカゼ。その左横で倒れているのが、レジェンドでワールドVETのコース監修を担当するジョディ・ワイゼル、腕を骨折してしまった。

REMを終え、ワールドVETまではマシン整備や練習、頼まれた買い物、カリフォルニアワインの飲み比べ(笑)などして過ごす。
そして3日(金)の公式練習でワールドVETが開幕。

AL2673いだweb.JPG
 ↑ 4日(土)+60エキスパートクラス ヒート1で順調にホールショット〜第2コーナーへ。そのままトップで逃げきった。

BL1213土曜web.JPG
 ↑ ヒート2はスタートに失敗、第1コーナーを8番手でまわる。トップにチャック・サン、4番手にチャンドラー佐藤がいる。カミカゼはこの先の連続アップヒルとダウンヒルでせっせとパスを重ね、

BL1220伊田チャックweb.JPG
 ↑ やがてトップのチャックに追いつく。81年AMA500チャンピオンのチャックとは同じ年で、毎年楽しくバトルしている。今年のチャックは、ハスクバーナの手厚い体制で『VETハスク大使』的存在だ。

BL1229伊田チャックweb.JPG
 ↑ チャックをパス。後方にチャンドラーがいる。土曜は順調にピンピン勝利した。カナダのピートは他クラスを走っており、土曜は平穏無事に終了。

AL2220いだweb.JPG
IM1199伊田タイヤ交換web.JPG
 ↑ 今年は田村さん、持丸さんがサポートで飛んできてくれた。なんと心強い! サスセッティング、FIマッピング、タイヤ交換、スタートサポートまで、これはもうファクトリー体制だ。本当にありがとうございました。

そしてワールドVETは日曜がメインレースである。
が、朝からまさかの大雨に完全マディ。周りは「カナダのピートと日本のイダ、どちらもマディに強いらしい・・・」などと噂している。雨のカリフォルニア、上等だぜとピートに挑む。

BL1383日曜web.JPG
 ↑ ヒート1でホールショットをいただくカミカゼ。ピートはここで10番手あたりにいるが、あっというまに前に出てきて、やがてピートとのトップバトルへ、想定どおりの展開に。

BL1408伊田vsピートweb.JPG
 ↑ 宿敵カナダのピート・ディグラーフ(#16・63歳)とバトる。左端にチャック・サンが見える。

2番手を走っていたカミカゼは、ピートの隙をついて仕掛けるが、そこで転倒してしまう。その間に#102ボブ(REMでのライバル)に抜かれ、再スタートしたカミカゼはボブの後方へと追いついた。このままいけばボブはパスできるはずだったが、眼前でボブが転倒、ボブのマシンがカミカゼの前に滑り出してきて絡んでしまい転倒、カミカゼ負傷。「ボーブー・・・ 何やってんだぁ」(本音)。

全身打撲と切り傷、擦り傷、肋骨は折れたりクラックな感じでカミカゼのワールドVETは終わった。大変悔しいが仕方がない、これがレースだ。ピートは今年も余裕で+60チャンピオンを取っていった。

●2017 第33回ワールドVET
土曜 +60エキスパート 1位/1位 総合1位
日曜 +60エキスパート 16位/DNS 総合19位

応援いただきました企業様、声援いただきました皆様、ありがとうございました。
また来年!挑戦します。
これからもよろしくお願いします。


IMG1040MSRweb.JPG
 ↑ MSRのミュージアム階で。マルコム・スミスのコレクションがずらり。

IMG1214BBCweb.JPG
 ↑ USA最後の夜は恒例のビール工場レストラン ロングビーチのBBCで締めくくる。ケガなく最後まで元気に走り切って飲みたかった、、、、。ほろ苦いビールとなったが、この苦さがBBCの美味さでもある(笑)。

IMG1229機内web.JPG
 ↑ 帰りの飛行機は偶然にもチャンドラー佐藤と並び席になりびっくり。最後の最後まで楽しかった! それにしてもチャンドラーは「スッチーボタン押してまで」ビールばかり飲んでいたよ。

ではまた来年!!
AL2737いだweb.JPG
 ↑ 名物セント・ヘレンのアップヒル。山頂の星条旗は故トム・ホワイトを追悼する半旗に。トムさん、ワールドVETを立ち上げ、継続してくれてありがとう、おかげでめちゃくちゃ楽しいMXライフです。RIPトム。

●ワールドVET 公式サイト

posted by Kamikaze130 at 12:59 | モトクロス