JNCC最終戦 オフヴィで全開♪

JNCCの2020最終戦 エンデュクロスがオフロードヴィレッジで開催され、FUN-SA(100分・55歳以上/上級者対象)に出場した。マシンは8月の『JNCC岐阜ほうのき大会』を走って以来、年初にアメリカから持ち帰ったCRF450R。そのときの『ほうのき大会』がとてもおもしろかったので、今回はMX仲間を誘い、北海道から源治くんグループ、そしてMCFAJでのライバル田渕くんも同じクラスで、スーパースター東福寺さんも出場して、東福寺vs源治vs田渕vs伊田 という、『カムバック黄金時代』な顔ぶれに。

IMG2940ピットでweb.JPG
源治くんのチーム『ビバーク北海道』のパドックに入れていただいた。カミカゼはゼッケン8番CRF450R(但し公式リザルトではゼッケン064。笑)。

AL0322東福寺さんとweb.JPG
夏の『ほうのき大会』に続き今回も東福寺さんと並んでスタートを待つ。往年のファンの方たちが写真や動画を撮ってくれた。

IMG2959ほりちゃんとweb.JPG
FUNクラス161台 スタート前。黒ジャケットはピットでセコンドを務めてくれたホリちゃん。

AL0324レースクイーンweb.JPG
レースクイーンのコ、まるでフィギュアのようなバランスです。

AL0334星野さんweb.JPG
JNCC星野代表の華麗なフラッグでFUNクラス90分がスタートした。

IMG2969スタートweb.JPG
東福寺さんのうしろ、いろいろ勝手が違うのでまずは慎重にいく。

AL0371伊田web.JPG
なぜなら今回は『エンデュクロス』なのでこんな丸太セクションもある。気をつけてもどうしてもエンストしてしまい。。。右に写っているのはエスケープラインを選んだライダーだ。


AL0355伊田web.JPG
もちろんいつものMXコースもあり、フラットセクションや田んぼエリアもあり、久しぶりに長時間をブイブイ走った。

結果は、FUN-SAクラス3位でした。1位田渕くん、2位源治くんなので順当というか年齢順というか(笑)。モトクロスVETで上位を占めたということで(^^)/  楽しみました。

そして話題のバイクも走っていた。
IMG2955マナブさんweb.JPG
3時間COMP・AAクラスチャンピオンの渡辺マナブ選手は、午前のFUNにヤマハ・テネレ700でゲスト参加。大きな車体を自由自在に取り扱って、そして午後の3時間COMPでトップバトルを見せてくれて、最後はきちんと優勝するのだから、さすが。

IMG2942うっちーweb.JPG
MTBダウンヒル『GクロスHONDA』時代の仲間、内島亮選手。コレ何?と思えば電動バイクで『SUR−RON Light Bee X』というのだそうだ。途中ピットインしてバッテリーを交換するらしい。JNCC初の電動バイク参戦、これも時代ですね。

そして午後の3時間COMPクラスは、さらに過激なセクションが。マナブ選手、モトクロスの小方誠選手、鈴木健二選手、トライアルIASの野崎選手らのトップバトルもすごく、みっちり観戦した。

IMG2976セクション3hweb.JPG
うわー! 3時間COMPでは巨大タイヤやログピラミッドがそびえ、右側の渋滞がエスケープライン。


今回も皆さまからの応援声援ありがとうございました。

無事終えて夜は、源治くんたちと西川口のホルモン焼肉で打ち上げをしたのは言うまでもありません。

posted by Kamikaze130 at 15:31 | モトクロス

12月6日、MCFAJ最終戦で全開♪

12月6日は、オフロードヴィレッジでMCFAJクラブマンモトクロスの最終戦、GPクラスを走りました。
前週に全日本が開催されたばかりのコースは、大内ケンヤ君たちの手によりなだらかに直され、エムシー向きとなっていて安心でした。

AM3624伊田web.JPG

AM3495伊田web.JPG
KTM450SX-Fで走るカミカゼの姿にも、皆さまそろそろ見慣れてくれたでしょうか(笑)。
エンジンMAPやサスペンション(WP)のセッティング、マフラー(アクラポビッチ)など初めて尽くしでしたが、今はすっかり自分の手足となって軽快に走れます。

AM3476伊田web.JPG
ブラッシュファクトリー平井さん(日本カスタムペインターの大レジェンド)がペイントを手掛けてくれたお気に入りのヘルメット。

AM3481伊田web.JPG
あらよっと。THORウェアは伸縮性がとても良く、動きもラクです。

AM3660伊田web.JPG
ヒート1は、2番手で出て行くも、2ラップ目にエンストからの接触転倒をして、順位がずっと後方12番手くらいになってしまい、せっせと追い上げ走行を強いられ、最後は3位でチェッカーを受けた。

AM3780H2伊田HSweb.JPG
ヒート2は気合いのホールショット奪取、第2コーナーでにじり寄ってくる混走SEクラスの#18若い衆(ササキくん)と#7タブチくんが近距離過ぎて危険だったが(汗)、その後はケンヤくん、タブチくんと2番手争いを展開、トップの西くんを追いかけ、終盤に追いついた。

AM3828西イダweb.JPG
ヒート2はレース時間短縮だったこともあり、トップには間に合わず2位。あと1〜2周あったら#24西くんをパスできたかも。

AM3842伊田web.JPG
ということでカミカゼは3位/2位で総合2位。タブチくんが2位/3位で総合3位。頂上にGP初チャンピオンとなり嬉しそうな西くん。両側から先輩が祝福です。

今季MCFAJは終了しました。3戦を走り、GPクラスランキングは5位でした。
前大会11月8日のMX408では、2位/5位で総合4位。(この時は撮影係不在によりサイトアップはありません。)

もちろん来年も走ります! 

posted by Kamikaze130 at 13:39 | モトクロス

全日本でジャパンVETブース開設♪

11月28〜29日、埼玉県オフロードヴィレッジで開催のMFJ全日本モトクロス最終戦に、『ジャパンVET』アピールブースを開設しました。(提供/ウエストポイント。協力/カミカゼスポーツ)

BM2861VETブースweb.JPG
今年はジャパンVETを開催できなかったので、ボードの写真は去年2019年の模様です。来年の無事再開を願うばかりです。
キャッチに1979年型KX125を展示。当時を知る方には懐かしかったと思います。

BM2983VETブースweb.JPG
AM2823カミカゼ全日本にてweb.JPG

レジェンド、VET仲間や、遠方から久しぶり再会の方、大勢の方に訪ねていただき、賑わいました。

次週ここオフヴィでMCFAJ最終戦がありますが、MC仲間とは「今日と同じコースじゃ怖いよね、そんなワケはないだろうね」と盛り上がる。。。

posted by Kamikaze130 at 11:50 | モトクロス