MCFAJ 第100回全日本モトクロス競技大会 で全開♪

MCFAJのシリーズ戦では年1回「全日本大会」がおこなわれる。今年は第100回記念、7月31日に軽井沢モーターパークで開催された。サンド部分も多い軽井沢のコースで、前週のMFJ全日本に続いて、思いきり全開した。

BBL5041web.JPG
 ↑ 開会式で、新津MCFAJ理事長、嬬恋村の熊川村長と。

AAL0105web.JPG
 ↑ カミカゼが走るのは「GPクラス」で決勝2ヒート、SE(スーパーエキスパート)クラスとの混走。

AL0109web.JPG
 ↑ レースは15分プラス1周(本来は20分だが猛暑により15分に短縮)。#21田渕タケシ選手、#634大内ケンヤ選手がスタートからブイブイ出てくる。

AAL0373web.JPG
 ↑ カミカゼは、レース後半もペースを落とさずパスを狙う作戦。しかし、すぐ後ろについていると土ボコリで視界が悪い。

AAL0141web.JPG
 ↑ 第2ヒート、ケンヤ選手をパスして2番手に、さらにラスト5分からスパートし田渕選手をパスしてトップに。

AL0185web.JPG
 ↑ 暑い日だったが最後までタレずに全開、2ヒートともに1位で総合優勝。先週の30分とちがい、この日は15分ということもあり、余裕もあった。

AL0208web.JPG
 ↑ 田渕くんとシャンパンファイト! 80年代HONDAvsYAMAHAファクトリーの再現を今もやっている60歳と51歳。

IMG6280web.JPG
 ↑ 大先輩レジェンド 鈴木秀明さんと。レースは走らなかったが、ヒデアキさん来場に会場じゅうが緊張と感動。そういう存在感なのだ。秀明さんは3年後の70歳にワールドVETで必ずや世界チャンピオンを取るに違いない。

AL0216web.JPG
 ↑ 笑! 秀明さんは、お孫さんと一緒にカブで来ていた。それにしてもヘルメットが似合い過ぎますよ!  

MFJ全日本〜MCFAJ全日本と、2週続けてハードなレースだったがカミカゼは元気いっぱいです。この調子で夏を乗りきろう。


●大会の模様は、WebMrBikeにアップされました。


posted by Kamikaze130 at 19:02 | モトクロス