第15回ジャパンマスターズ ライダーリスト

第15回ジャパンマスターズofMX
2017年2月26日(日) 沖縄県名護市イマナゴクロスフィールド
【ALL STAR MOTOCROSS in沖縄 に併催】

ジャパンマスターズofMXは、40歳以上の元&現IA・IBレジェンドを対象とするショータイム。何歳になっても大好きなモトクロスを生涯の趣味として楽しみ、懐かしい顔ぶれと元気な走りでモトクロスの魅力をアピールします。これまで全日本SUGOやウィークエンドレーサーズに併催され、第15回目を迎えた今回の会場は初めての沖縄オールスター! 北海道から九州からレジェンドが揃いました。皆さんも観戦、応援に、ぜひ沖縄旅行はいかがですか?

参加ライダー
◆+40クラス(40〜49歳)
松田 強 ALL STAR主催者。イマナゴクロスフィールドを作ったレジェンド張本人!
藤城光雄 ジャパンマスターズ初参戦の元IAライダー。
大内健八 2016ワールドVET参戦でアメリカンな走りをつかんだ!?

◆50クラス(50〜59歳)
光安鉄美 「レースは30分を過ぎてから」が名言の鉄人、元チャンピオン
源治 篤 北海道にゲンジあり!今回はオールスターIAクラスも走ります。
漆原雅利 2016中国選手権IBチャンピオンはもちろん優勝マジ狙い。
小倉秀昭 海外出張の合間を縫って参戦、エンデューロにも夢中の元IB。
春木久史 世界を走りながら体当たりで本作り、ビッグタンクマガジン編集長。
御幸 彰 2014年BAJA1000クラス優勝経験を生かして北海道から遠征。
清水政徳 御幸選手と同じく豊富なBAJAラリー経験あり、マスターズ初参戦。 

◆60クラス(60〜69歳)
伊田井佐夫 全日本とワールドVETに挑戦中の60歳現役IA、カミカゼ130
斎藤 修 モトクロスとウクレレとカヤックを愛す行動派カンレキ現役IB
古屋 昇 1960年代から走り続ける北海道のマスターズレジェンド。
坂井輝雄 タフでいつも元気いっぱいの元IB、今大会最高齢68歳。
古川正昭 佐賀県でバイク活性に尽力、勢いあるジャンプにも注目!
本間清隆 ハスクバーナ北海道のボスは大応援団とともにマスターズ初参加

レースは混走での2ヒート制、表彰はクラス別におこないます。
マスターズロゴIMG_0531web.JPG
**********

オールスターモトクロスin沖縄の観戦情報、アクセス等は


posted by Kamikaze130 at 16:43 | モトクロス