全道モトクロス選手権で全開♪

避梅雨!を求めて北海道へ、7月4日に栗丘ライディングパークで開催された『全道モトクロス選手権 開幕戦 札幌大会』に遠征してきました。

太平洋フェリー『仙台〜苫小牧』便は、新しい船体で快適だった。

IMG3195全道web.JPG
 ↑ 爽やかな北海道、栗丘を走るのはほぼ30年ぶりで、昔の記憶は何もなく、カミカゼは初めてのコースぶっつけ本番状態。

そしてスタートゲートはなく、スタートは日章旗の合図です。

マシンはもちろんGASGAS MC450F。 NORTE千歳のチームテントに入れていただき、カミカゼが走るのはIO(インターナショナル・オープン)クラス。IA・IBの混走クラスだ。今回のためにMFJライセンス申請をしたらIBライセンスが来ました。
IMG3192全道web.JPG
IMG3203全道web.JPG
IMG3205全道web.JPG

IMG3197全道web.JPG
 ↑ IOクラスは19台。カミカゼは朝の公式練習だけではコースが覚えきれず、ヒート1は舞い立つホコリで視界が悪く、安全運転に徹した。前方煙幕、フラッグも見えないのはちょっとアブナイですね。

IMG3200全道web.JPG
IMG3223全道web.JPG
 ↑ ゼッケン25番で走る。ヒート2は散水の効果もあり前方も割と見えたので、スタートから頑張って9位フィニッシュ。ま、良しとしましょう。

IMG3229全道web.JPG
IMG3233全道web.JPG
 ↑ ピットでは北海道ライダーの皆さんと交流、昔のカミカゼジャージを持っていてくれた方、貰った賞品にサインをねだってくれたキッズ65の來飛くん、ありがとう、楽しみながら上達しようね。

さて!今回の遠征をお世話頂いた『NORTE千歳』です。今年4月オープンしたGASGASフルラインディーラー。
IMG3187ノルテ千歳web.JPG
IMG3185ノルテ千歳web.JPG
 ↑ 1Fがショールームとファクトリー。スタイリッシュ、であります。

IMG3188ビバーク札幌web.JPG
IMG3190ビバーク札幌web.JPG
IMG3191ビバーク札幌web.JPG
 ↑ 2Fは、ウェアやギアが揃う『ビバーク北海道』。ここに来ればバイクも装備も必要なものはすべてある、パーフェクトなショップですね。

IMG3258ノルテ千歳web.JPG
 ↑ スタッフ、ライダーのみんなと。

そして! 北海道でグルメ!
IMG3235金太郎寿司web.JPG
↑ レースウィーク土曜は生ラム肉料理で「景気づけ」、日曜は寿司屋さんで「打ち上げ」!

IMG3238金太郎寿司web.JPG
IMG3241金太郎寿司web.JPG
IMG3243金太郎寿司web.JPG

レースの翌日は、千歳水族館で遊び、スープカレーを食し、定山渓温泉に浸かる、観光グルメの黄金コース。夜は夜で居酒屋でビール呑み放題とホッケ焼きなどいただく。いとう食堂の野菜ラーメンにも感動した。嗚呼美食三昧。
IMG3253スープカレーラマイweb.JPG
IMG3255スープカレーラマイweb.JPG
IMG3262いとう食堂web.JPG

IMG3182支笏湖web.JPG
支笏湖畔に佇むカミカゼ。いつ来ても静かで好きな場所です。

帰路も優雅な船旅、思いがけない素晴らしい遠征をありがとうございました。<m(__)m>

さて、仕事に戻ります。

(今回の使用機材は コンパクトFUNカメラ canon M3でした)


posted by Kamikaze130 at 13:29 | モトクロス

6月13日、MX408のサンデーMXで全開♪

6月13日(日)、ウエストウッドのMX408で開催されたサンデーMXに参加しました。
このサンデーMXは、一日じゅうのレースイベントではなく、フリー走行日の昼休みに1ヒート(×3クラス)だけ開催される、とても気軽なレースです。朝の受付で当日エントリーしました。

今年はあと7月・8月・11月にもあるみたいです。皆さんもぜひお気軽に。

カミカゼが走る「フルサイズA」クラスには、平塚豪選手18歳!青木翔真選手24歳!など若い現役IBライダーに、MC仲間の大内ケンヤ選手もいて、なかなか良い鍛錬になりそうです。

DSC0507スタートweb.JPG
 ↑ 人気絶頂、定員15台はフルグリッド。

IMG0001伊田走りweb.JPG
 ↑ スタート後まもなく単独3番手となり、いつものようにフィニッシュまでブッ飛ばしました。
ところで、GASGASはスペイン語で『全開』の意味だそうで、久しぶりに会った先輩ライダーの宮本さんが教えてくれました。いーね!


DSC0510盾web.JPG
 ↑ 最後は平塚選手18歳!、青木選手24歳!に続く3位でゴールしたカミカゼ65歳。楽しかった!

(今回の写真は『SHARP製シニア向け・かんたんスマホ』で撮ったもので勘弁ください。おまけに表彰式を撮ろうとしたらバッテリー切れという、、、、すんまそん<m(__)m>)

レースイベントの模様は、主催のウエストウッド様の撮影作成で月刊ダートスポーツ誌8月号(6月24日発行)に掲載されました。


posted by Kamikaze130 at 17:18 | モトクロス

2021 第14回 ジャパンVETで全開♪

021年5月30日(日)、埼玉県オフロードヴィレッジで ジャパンVETこと『ジャパン・ベテランズ・モトクロス・チャンピオンシップス』が開催されました。好天に恵まれ、北海道からも九州からも参加してくれて盛況。
コロナ渦対策のため、全体集合写真や表彰式が中止されたのは残念だったが、エントラントの皆さんの理解あるオトナ対応と協力で、ノービスもリターンライダーも、30歳から最高齢76歳が、ベテランMXの一日を楽しみました。

65歳のカミカゼはレジェンド対象の『VET・+60』を走りました。VET+40・VET+50と混走だが、賞典は年齢別なのでハリキル。

同じVET+60には、大先輩の唐沢栄三郎さん、ウインズMXパークオーナー浅野政幸さん、チェッカーズ原口衛さん、YouSports岡安孝雄さん、現役IB加藤木桂さん、北海道から源治篤さん、ワールドVET仲間チャンドラー佐藤さん、MX仲間オサーム斎藤さんや山形26さんといった、ゴージャスな同年代の顔ぶれ。孫のいる人も多いけれどみんな元気いっぱいです。

BM2118伊田web.JPG
 ↑ 笑 なにかと愉快。スタートでは近所の『ドス・カラス似』がセコンドについてくれた。オモチャではない本物の覆面なのだ。

BM2126VETヒート1web.JPG
 ↑ ヒート1。#130カミカゼは、#81安井「怪童」崇くん、#193川島「ケニー」雄一郎くんの後方に。#891源治君がいいスタート。#121はいつもMCFAJで一緒の西くん、#222田渕くん、#211唐沢さん。

BM2036伊田web.JPG
 ↑ GASGAS MC450F 好調です。ヒート1、KENNYウエアの「黒」バージョンでシックにジャンプ。

BM2278伊田第2ヒートweb.JPG
 ↑ 午後のVETヒート2。KENNYウエアを「赤」に替えて写真中央がカミカゼ。アウトから#211唐沢さん、カワサキの#24は初参加、九州福岡から来てくれた大宝史郎さん50歳。

BM2332伊田web.JPG
 ↑ 軽快GASGAS、最後までいいペースでライドし、VET+60トップフィニッシュしました。

AM2061展示web.JPG
 ↑ 今年のジャパンVETの話題は、無限(凱-TEC)さんによる特別企画。マシン展示は#17 ・1991ME250川雄一郎車(川島さん所有)、#68・1989MER125𠮷田和泉車。

AM2014展示web.JPG
 ↑ 泣く子も黙る #7・1978ME125鈴木秀明車。(#68と#7は無限所有。)

AM2087展示web.JPG
AM2091展示web.JPG
 ↑ ブース内には当時のギアや写真、記事などのお宝も。これでも充分過ぎる注目度なのだが、

AM2218ブースでweb.JPG
 ↑ 本田博俊さん来場。みんなで思い出話あれこれ炸裂。79歳とのことだがとても若々しい。カミカゼと、隣りの安井崇くんが着ているのが2021記念Tシャツ、当日限定販売された。

AM2221ブースでweb.JPG
 ↑ 突然、本田博俊さんがカミカゼをつかまえると「ほら、つまりこれ、使用前使用後」などとおっしゃる。恐れ多くて何も言えません<m(__)m>

AM2275集合web.JPG
 ↑ 無限ライダー9名が来場して、うち7名がレースを走った。今はみんな+50、+60になったが話せば昔と変わらない。
撮影の瞬間だけマスクを外しての記念撮影、向かって右から浅野政幸氏、川島雄一郎氏、本田博俊氏、安井崇氏、吉田和泉氏、原口衛氏、唐沢栄三郎氏、秋山裕之氏、鶴田忍氏、伊田井佐夫。みんなで順に場内放送でトークライブをおこない、来場自粛された鈴木秀明さんのビレオレターも放送、楽しい無限同窓会だった。

ご協賛いただきました各社様、厳しい状況下にも諸対策を徹底し、おかげさまで2年ぶりに開催できました。何歳でも楽しいモトクロスを今後もみんなで盛り上げていきたいです。ありがとうございました。

2021ジャパンVETの模様は、
・月刊ダートスポーツ 6月24日発行8月号に掲載されました。
・WEBミスターバイクにアップされました。
・月刊ミスターバイクBG 8月14日発行9月号に掲載予定 です。

IMG_20210531_085407優勝プレート.JPG
posted by Kamikaze130 at 10:59 | モトクロス

MCFAJクラブマンモトクロス第3戦 軽井沢で全開♪

5月23日(日)、『MCFAJクラブマンモトクロス第3戦』が群馬県嬬恋村の軽井沢モーターパークで開催され、GPクラスに出場しました。

AM1799ピットweb.JPG
 ↑ カミカゼ130新テント、テクニクス製。隣りのオレンジテントは『プレシャスファクトリー』工藤ちゃんので、同じテクニクス製。ロゴや色を指定してオリジナルが作れます、何よりracy!な雰囲気出ます。

レース結果は 1位/2位で総合2位。
タフなレース、一瞬たりとも気の抜けない中でブッ飛ばした。

AM1920ヒート1web.JPG
 ↑ ヒート1、#1西信明くんにホールショットを奪われるもすぐ抜き返し、

AM1960ヒート1web.JPG
AM1965ヒート1web.JPG
 ↑ その後は終盤まで西くんが食い下がってきたが、持ちこたえてトップフィニッシュ。

AM1818伊田web.JPG

このヒート1の、西くんのヘルメットカメラ動画をリンクします、ぜひご覧ください。ライン取りがよくわかる(自分でも勉強になった!)、西くんありがとう! ↓↓↓

ヒート2は、#3大内ケンヤくん、#1西くん、#222田渕くんに続く4番手で出ていき、

BM1661ヒート2web.JPG

周回しながらスキを狙ってトップに出るが、終盤に西くんにものすごい勢いで抜かれて最後は2位。ま、西くんは46歳だし、仕方ないでしょ。

BM1693ヒート2web.JPG
BM1703ヒート2web.JPG

BM1730表彰web.JPG
 ↑ ポディウムで「西君、田渕君、ケンヤ君たち年下ライダーとのバトルを楽しみました」と優等生にまとめるカミカゼ。
翌週のジャパンVETへ向け、好調です。


・MCFAJ第3戦の模様は 月刊ダートスポーツ6月24日発行(8月号)に掲載されます。




posted by Kamikaze130 at 14:43 | モトクロス

2021ジャパンVET最新情報

主催のウエストポイント公式サイト内に、ジャパンVETの事前エントリーリスト、タイムスケジュ−ル、お知らせ等がアップされています。エントラントの皆様はクラス・ゼッケン・お名前を確認ください。

なお当日エントリーもあります、みんなでベテランMXな一日を遊びましょう!

●事前エントリーリスト  http://www.westpoint.co.jp/2021vet_list.pdf

●タイムスケジュール http://www.westpoint.co.jp/2021vet_time.pdf

JAPANVETロゴIMGweb小.jpg
posted by Kamikaze130 at 16:00 | モトクロス

2021ジャパンVET 協賛社決定!

2021ジャパンVET 協賛各社様です。
◆Tシャツ協賛
ウィンズアサノ 様
NGCジャパン 様 (当日出店あり)
円陣家至高油類商 様 (当日出店あり)
(株)WESTWOOD MX 様
(株)ホーリーエクイップ 様
(株)ラフアンドロードスポーツ 様
零8 様
太章興産 様
テクニクス 様
テクニカルスチール 様
美蔵 様
MOTOR SHOP OSC 様
MOTO PRIME 様(当日出店あり)
バイクショップハラグチ 様
ホンダドリーム戸田美女木 様
ミゾエメタル 様
武蔵重量 様 
モトライフ 様
陽和組 様
BIVOUAC 様
安井崇 様
大宝史郎 様
鶴田忍 様

◆賞品協賛
EKチェーン 様
SHOEI 様
SINKO TYRE 様
XAM JAPAN 様
日本ユニバイト 様
ペスカトーレ 様

今年もジャパンVETの継続・発展のためのご協賛まことにありがとうございます。
以上各社様はカミカゼスポーツ募集分です。他にウエストポイント募集分各社様もいらっしゃいます。
JAPANVETロゴIMGweb小.jpg
posted by Kamikaze130 at 12:21 | モトクロス

MCFAJ第2戦で全開♪

4月11日、オフロードヴィレッジで開催された『MCFAJクラブマンモトクロス第2戦』GPクラスに参戦しました。

AM1065伊田web.JPG
#130は『やっぱり赤が好き』(笑)。すっかりGASGASライダーに。皆さんパドックへ見に来てくれて
「GASGASどーですか?」
「い〜よ〜、軽いよ〜、やっぱりGASGASだよ〜」

だがしかし、GP・SEクラス午前のヒート1ではスタートで出遅れてしまい、
BM1249ヒート1web.JPG
6番手くらいから頑張って追い上げる展開に。

BM1278伊田web.JPG
BM1301伊田web.JPG
BM1266伊田web.JPG

大小のジャンプがめまぐるしく忙しい。SEライダー2台をパスする間に、GPライダー達はどんどん前に行ってしまい、クラス4位でフィニッシュした。
ウェアは今年からKENNY、ヒート1ではブラックバージョンを着用。KENNYウェアは、細部までしっかりしていると同時に、大変動きやすいです。

BM1401川島選手とweb.JPG
 ↑ この日はチャンピオンレジェンド川島雄一郎くん(#193 CRF450R)がほぼ10年ぶりのMCFAJ参戦で、まー速い速い、午前も午後もラクラクぶっちぎっていた。アッもしかしてジャパンVETの練習でしょう!? そうにちがいない!

BM1349ヒート2web.JPG
 ↑ 午後のヒート2はスタートを上手く決めて、

BM1368伊田web.JPG
BM1373伊田web.JPG
 ↑ GPライバルの#222田渕タケシくん、MCFAJディフェンディングチャンプ#1西信明くん、#3大内ケンヤくんたちと抜きつ抜かれつしてバトる。#193川島くんは別格スピードで、ずっと遥か前のほう。
田渕くんにパスされたが、きっちりついていってパスし返した。このパスポイントにはヒントがあって、先月ここでおこなわれた関東選手権IAクラスを観戦していた時、小方誠選手が星野優位選手の前に出たのを見て「なるほど、バスするならここだな!」と思っていた場所。
最後までタレない走りに徹して、川島くんに続く2位でチェッカーを受けた。KENNYウェアは午後はレッドバージョンを着用しました。

BM1411表彰式web.JPG
 ↑ GPクラス表彰式。
総合優勝 #193川島雄一郎  ホンダCRF450R 1位/1位
総合2位 #1  西 信明  ヤマハYZ450F  2位/3位
総合3位 #130 伊田井佐夫 GASGAS MC450F 4位/2位

若いライダーと楽しく競り合い、大変良い鍛錬になった。

・大会の模様は 月刊ダートスポーツ5月24日発行(7月号)に掲載されました。


posted by Kamikaze130 at 15:10 | モトクロス

2021ジャパンVETに無限がやって来る!

【速報】ジャパンVETに『無限』がやって来る!
'78ME125鈴木秀明車、'89MER125𠮷田和泉車を展示!
元無限契約ライダーも来場してステージトークを予定!
5月30日のジャパンVET(オフロードヴィレッジ)に、無限ブース開設とマシン展示が決定しました。1970年代後半〜90年代初頭にかけて全日本モトクロス選手権に参加した『スーパー スポーツ』『TEAM無限』、その当時のスタッフ有志の方々による特別企画です。さらに当日は、当時の無限契約ライダー達も参加または来場して、恒例のステージト ークをおこないます。
お楽しみに!
JAPANVETロゴIMGweb小.jpg

posted by Kamikaze130 at 14:40 | モトクロス

2021ジャパンVET 開催案内

2021ジャパンVET 5月30日(日) オフロードヴィレッジ
主催・運営:ウエストポイント
スーパーバイザーという名のお手伝い:伊田井佐夫

開催案内とエントリー案内が、ウエストポイント公式サイトにアップされています。

参加条件は30歳以上、それだけ。VETとは『年齢がベテラン』の意味で、誰でも参加できます。何歳になっても趣味のモトクロスを楽しもうという主旨のもと、ノービスライダーもリターンライダーも大歓迎、同年代・同レベル同士で走って遊びましょう!

全日本モトクロス関東大会(5月15〜16日)で開設の『ジャパンVETブース』でも、エントリー受付をおこないます。

JAPANVETロゴIMGweb小.jpg

続きを読む
posted by Kamikaze130 at 09:25 | モトクロス

友、遠方より来たる

アメリカで4輪関連事業を展開し、4輪オフロードレースドライバーでもある友人のmiyajiさんが日本に一時帰国、アメリカへ発つ前日にカミカゼに寄ってくれて久しぶりに楽しく飲んだ。miyajiさんは、いつもワールドVET遠征時にはグレンヘレンに応援に来てくれたり、作業スペースを借りたりと強力にお世話になっている方で、今回はFIマッピングについても詳しく教わったりと話は尽きず、カリフォルニアでの再会を約束した。
IMG3022宮地さんとweb.JPG
posted by Kamikaze130 at 14:37 | モトクロス

GASGAS MC450F

このたびあれこれコトが進み、GASGAS『 MC450F』納車の運びとなりました。

IMG3002シェイクダウンweb.JPG
GASGASモトクロッサーが世界デビューして日本にも上陸、ほぼその第一便であります。ぱちぱちぱち。

早速シェイクダウンに行き、サスセッティング等にいそしんだ。軽くて乗りやすい!
※慣らし走行のため、ホイールはUsedタイヤ付きKTM用オレンジリムに付け替えています。

IMG3010しどきにてweb.JPG
IMG3019しどきにてweb.JPG
雪の北海道から走りに来たレジェンド源治くん、この度は大変お世話になりました。

ディカール、ジャージロゴ完成後、改めて写真アップします。

2月21日予定だったMCFAJ開幕が、コロナ渦のため3月開幕となりました、それまで走り込んで整えます。


posted by Kamikaze130 at 00:00 | モトクロス

2021あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もモトクロス、(たまにエンデューロ)、元気に走ります、よろしくお願い申し上げます。
主目的であるアメリカのワールドVET、昨年はコロナで行けませんでしたが今年は行きたいものです。

AM3495伊田web.JPG

昨年2020年は初めてKTM(450SX-F)を購入した年。「外車」は細部多少勝手が違ってセッティングを出すのにいろいろ勉強しましたが、軽くてとても楽しいバイク。「ファクトリー・エディション(クーバー・ウェブ)」なので、各所プレミアパーツが最初からついていて ready to race。このごろはKTM、ハスクバーナ、GASGASといったヨーロッバ車の進化が著しいですね。

2021年は、『赤いバイク』に乗ります。お楽しみに!


posted by Kamikaze130 at 00:00 | モトクロス

JNCC最終戦 オフヴィで全開♪

JNCCの2020最終戦 エンデュクロスがオフロードヴィレッジで開催され、FUN-SA(100分・55歳以上/上級者対象)に出場した。マシンは年初にアメリカから持ち帰ったCRF450R。8月の『JNCC岐阜ほうのき大会』にこれで走ってとてもおもしろかったので、今回はMX仲間を誘い、北海道から源治くんグループ、そしてMCFAJでのライバル田渕くんも同じクラスで、スーパースター東福寺さんも出場して、東福寺vs源治vs田渕vs伊田 という、『カムバック黄金時代』な顔ぶれに。

IMG2940ピットでweb.JPG
源治くんのチーム『ビバーク北海道』のパドックに入れていただいた。カミカゼはゼッケン8番CRF450R(但し公式リザルトではゼッケン064。笑)。

AL0322東福寺さんとweb.JPG
夏の『JNCCほうのき大会』に続き、今回も東福寺さんと並んでスタートを待つ。往年のファンの方たちが写真や動画を撮ってくれた。

IMG2959ほりちゃんとweb.JPG
FUNクラス161台 スタート前。黒ジャケットはセコンドを務めてくれたホリちゃん。

AL0324レースクイーンweb.JPG
レースクイーンのコ、まるでフィギュアのようなバランス。

AL0334星野さんweb.JPG
JNCC星野代表の華麗なフラッグでFUNクラス100分がスタートした。

IMG2969スタートweb.JPG
東福寺さんのうしろ、いろいろ勝手が違うのでまずは慎重にいく。

AL0371伊田web.JPG
なぜなら今回は『エンデュクロス』なのでこんな丸太セクションもある。気をつけてクリアしても、どうしてもエンストしてしまい。。。右に写っているのはエスケープラインを選んだライダーだ。


AL0355伊田web.JPG
もちろんいつものMXコースもあり、フラットセクションや田んぼエリアもあり、久しぶりに長時間をブイブイ走った。

結果は、FUN-SAクラス3位でした。1位田渕くん、2位源治くんなので順当というか年齢順というか(笑)。モトクロスVETライダーで上位を占めたということで(^^)/  楽しみました。

そして話題のバイクも走っていた。
IMG2955マナブさんweb.JPG
3時間COMP・AAクラスチャンピオンの渡辺マナブ選手は、午前のFUNにヤマハ・テネレ700でゲスト参加。大きな車体を自由自在に取り扱って、そして午後の3時間COMPでトップバトルを見せてくれて、最後はきちんと優勝するのだから、さすが。

IMG2942うっちーweb.JPG
MTBダウンヒル『Team G CRross HONDA』時代のライダー仲間、内島亮選手。コレ何?と思えば電動バイクで『SUR−RON Light Bee X』というのだそうだ。途中ピットインしてバッテリーを交換するらしい。JNCC初の電動バイク参戦、これもまた時代ですね。

そして午後の3時間COMPクラスを観戦。さらに過激なセクション登場!。マナブ選手、モトクロスの小方誠選手、鈴木健二選手、トライアルIASの野崎選手らのトップバトルもすごく、みっちり観戦した。

IMG2976セクション3hweb.JPG
うわー! 3時間COMPでは巨大タイヤやログピラミッドがそびえ、右側の渋滞がエスケープライン。


今回も皆さまからの応援声援ありがとうございました。

無事終えて夜は、源治くんたちと西川口のホルモン焼肉で打ち上げをしたのは言うまでもありません。

posted by Kamikaze130 at 15:31 | モトクロス

12月6日、MCFAJ最終戦で全開♪

12月6日は、オフロードヴィレッジでMCFAJクラブマンモトクロスの最終戦、GPクラスを走りました。
前週に全日本が開催されたばかりのコースは、大内ケンヤ君たちの手によりなだらかに直され、エムシー向きとなっていて安心でした。

AM3624伊田web.JPG

AM3495伊田web.JPG
KTM450SX-Fで走るカミカゼの姿にも、皆さまそろそろ見慣れてくれたでしょうか(笑)。
エンジンMAPやサスペンション(WP)のセッティング、マフラー(アクラポビッチ)など初めて尽くしでしたが、今はすっかり自分の手足となって軽快に走れます。

AM3476伊田web.JPG
ブラッシュファクトリー平井さん(日本カスタムペインターの大レジェンド)がペイントを手掛けてくれたお気に入りのヘルメット。

AM3481伊田web.JPG
あらよっと。THORウェアは伸縮性がとても良く、動きもラクです。

AM3660伊田web.JPG
ヒート1は、2番手で出て行くも、2ラップ目にエンストからの接触転倒をして、順位がずっと後方12番手くらいになってしまい、せっせと追い上げ走行を強いられ、最後は3位でチェッカーを受けた。

AM3780H2伊田HSweb.JPG
ヒート2は気合いのホールショット奪取、第2コーナーでにじり寄ってくる混走SEクラスの#18若い衆(ササキくん)と#7タブチくんが近距離過ぎて危険だったが(汗)、その後はケンヤくん、タブチくんと2番手争いを展開、トップの西くんを追いかけ、終盤に追いついた。

AM3828西イダweb.JPG
ヒート2はレース時間短縮だったこともあり、トップには間に合わず2位。あと1〜2周あったら#24西くんをパスできたかも。

AM3842伊田web.JPG
ということでカミカゼは3位/2位で総合2位。タブチくんが2位/3位で総合3位。頂上にGP初チャンピオンとなり嬉しそうな西くん。両側から先輩が祝福です。

今季MCFAJは終了しました。3戦を走り、GPクラスランキングは5位でした。
前大会11月8日のMX408では、2位/5位で総合4位。(この時は撮影係不在によりサイトアップはありません。)

もちろん来年も走ります! 

posted by Kamikaze130 at 13:39 | モトクロス

全日本でジャパンVETブース開設♪

11月28〜29日、埼玉県オフロードヴィレッジで開催のMFJ全日本モトクロス最終戦に、『ジャパンVET』アピールブースを開設しました。(提供/ウエストポイント。協力/カミカゼスポーツ)

BM2861VETブースweb.JPG
今年はジャパンVETを開催できなかったので、ボードの写真は去年2019年の模様です。来年の無事再開を願うばかりです。
キャッチに1979年型KX125を展示。当時を知る方には懐かしかったと思います。

BM2983VETブースweb.JPG
AM2823カミカゼ全日本にてweb.JPG

レジェンド、VET仲間や、遠方から久しぶり再会の方、大勢の方に訪ねていただき、賑わいました。

次週ここオフヴィでMCFAJ最終戦がありますが、MC仲間とは「今日と同じコースじゃ怖いよね、そんなワケはないだろうね」と盛り上がる。。。

posted by Kamikaze130 at 11:50 | モトクロス

ペイントby ブラッシュファクトリー平井さん!

このたび縁あって、伝説のカスタムペインター、『ブラッシュ ファクトリー』の平井さんにヘルメットをお願いしました。

AL1415S.JPG
ワールドVETを走るのに『カミカゼ』の文字をあえて漢字でいきたいとか、日の丸デザインも入れたいとか、近年のレース活動のことなどを伝えて、あとは平井さんにお任せしました。ら、こんなスゴイのが出来上がってきました!

AL1392S.JPG
AL1411S.JPG
AL1396S.JPG
 ↑ 後ろ下部に IDA がデザインされます。

AL1452S.JPG
 ↑ サイドに 130 がデザインされます。

●ブラッシュファクトリー


posted by Kamikaze130 at 13:27 | モトクロス

大きく掲載されましたー!

9月24日発売の月刊ダートスポーツ11月号に、8月に参加した『JNCC ドリーミンほうのき』の記事が掲載されました。

なんと、まず巻頭特集『究極のクロカンマシンを探せ!』の中でカラー1ページ、カミカゼのCRF450R(エンデューロ仕様)の紹介と解説がみっちりと!

そして後ろのほうのJNCCレポートペ―ジでは、スタート前に東福寺さんと一緒のアップ、レース中の走りの写真も掲載いただきました。東福寺さんとレースウェア姿で2ショットは本当に久しぶりのことで嬉しかった。

みなさまぜひ読んでください!

撮影取材してくれたダートスポーツの宮崎大吾さん、ありがとうございました!!

IMG_20200923_082544[1].jpg
掲載ページの転載は「なりませぬ」ので表紙をアップします。


posted by Kamikaze130 at 11:32 | モトクロス

JNCCドリーミンほうのき 参戦

何年ぶりだろうかのJNCC参戦、『ドリーミンほうのき』(岐阜県・朴の木平スキー場)で久しぶりのエンデューロを楽しみました。

BL1064ピットweb.JPG

かつてのMTB仲間達が参戦していて「楽しいですよ〜! 伊田さんは『55歳以上の上級者』対象のSAクラスというのがありますよ!」と以前から誘われていたJNCC。しかしガレ場地獄やスタック渋滞は「断じて好きではない」ので、気持ち良くぶっ飛ばせるコースだったら出てみようかなぁと、今年1月にカリフォルニアから持ち帰ったCRF450Rをエンデューロ仕様に。
エンジン(東福寺さんSPLチューン)、タンク(Xモデルのビッグタンク)、タイヤ(IRC・GEKKOTA)、その他ハンドガードやサイドスタンドなど付けて、しかし4月の阿蘇大会はコロナで中止となり、今回ようやく遠征が実現した。

IMG2834下見web.JPG
 ↑ 前日の土曜、歩いてコースを下見。標高1400〜1500mで途中ショートカットをしても1時間半ほどかかり、結構疲れた。ゲレンデも思ったより石が多い。チューブタイヤなのでパンクしないように走らねば。

IMG2848IRCブースweb.JPG
 ↑ IRCブースにご挨拶。今回は『iX09W GEKKOTA』を履きます。

IMG2844DS取材web.JPG
 ↑ 月刊ダートスポーツの宮崎さんから取材を受ける。マシン作りやインプレッションなど詳しく聞いてくれた。
(ゼッケン8番ついてますが、、、主催側では064番でリザルト等も064で出ています(^^)/)

夕方はスキー場の温泉に浸かり、涼しいパドックでキャンプ。そしてレースの朝を迎えた。

IMG2850キャメルバッグweb.JPG
 ↑ 久しぶりにキャメルバッグを背負う。中身はモンエナを水で薄めたもの。

IMG2857ワッキー小倉っちとweb.JPG
 ↑ 「それじゃーブッ飛ばしてくるか!」 MTB時代からの仲間とスタート前に。

BL1075東福寺さんとweb.JPG
 ↑ 今回はレジェンド東福寺さんも参加して盛り上がった。東福寺さんはメーカーとメディアとTEスポーツのコラボ企画参加だそうだ。会場の皆さんは2人で申し合わせて出場したと思ったようだが、ホントに偶然のことで、お互い64歳になってもこうして一緒に走るのはとても嬉しい。(訂正:東福寺さんは10月で64歳です)

BL1079スタートweb.JPG
 ↑ FUN-GP いよいよ90分耐久のスタート。250台越えが何列にも並んだ。カミカゼのSAクラスは嬉しい最前列から。
そして午前9時、JNCC星野会長による日章旗が鮮やかに振り下ろされて、、、

BL1083スタートweb.JPG
 ↑ 怒涛の渦の中へ。

BL1085スタートweb.JPG
 ↑ 第2コーナーは11番手くらいで行き、このあと山の中へ上った。

1ラップ目はSAクラス2番手で帰ってきて、トップとの差はおよそ1分。ラップタイムから計算すると計10周の闘いとなりそうで、さてどこまで追い上げ可能か!?

BL1101レースweb.JPG
 ↑ その後も単独2番手でひた走る。トップとの約1分ビハインドは6ラップ目あたりまでほとんど変わらず、昔取った杵柄なSAクラスのハイレベルを実感。しかしその後はラップ毎に50秒差、40秒差と徐々にタイム差が縮まり始め、、、、

BL1110レースweb.JPG
 ↑ ラスト1ラップのところでトップとの差が20秒になったのをサインボードで確認。ここからスパートをかけ、およそ半周でSAクラストップに追いつき、あらかじめ想定しておいた下り坂ポイントで素早くパスして逃げる。

BL1148ゴールweb.JPG
 ↑ 8秒差をつけSAクラスのトップチェッカーを受けた。やった! しかしモトクロスとはまた違った疲労感にゴール後は呆然! 久しぶりにタフなレースでした。

IMG2880ホッテストアワードweb.JPG
 ↑ 表彰式は、各クラス1位のライダーが並ぶ『ホッテスト・アワード』。他クラスにはもちろん若者や女子もいますね。

IMG2886ホッテストアワードweb.JPG
 ↑ FUN−Aクラス優勝および総合優勝の滝村選手と。カミカゼは総合順位では8位でした。


IMG2897東福寺さんとweb.JPG
 ↑ 昼からのCOMP3時間スタート前、ぎっしり並んだエントラントの皆さんの前で激励する東福寺さんとカミカゼ。実は2人とも疲れと暑さでヘロヘロのヨレヨレ(笑)。
COMPクラスにはモトクロスの成田亮選手や熱田孝高選手もいて華やか、そんな中でもディフェンディング・チャンプ 渡辺マナブ選手がさすがの走りでチギッっていた。

それにしてもJNCCの盛り上がりはすごい。今年15周年だそうで、全体運営もみごとです。

応援いただいた皆様、祝福メッセージいただいた皆様、ありがとうございました。
良いトレーニングにもなり、また機会あれば参加します。

・レース参戦の模様は月刊ダートスポツ11月号(椛「形社 9月24日発行)に掲載されました。

posted by Kamikaze130 at 10:43 | モトクロス

2020夏休み

酷暑の夏、まずは山梨の友人宅で呑み。一升瓶の地ワインを堪能。

翌日は長野県大町へ移動しGAIAで練習。
IMG2800ガイアweb.JPG
 ↑ GAIA。夏は山で練習がいいね。標高800メートルくらい?

IMG2803ガイアweb.JPG
 ↑ 今年1月CALから持ち帰ったCRF450Rを、少しエンデューロ仕様にして練習。

温泉『すずむし荘』に入り、みんな賑やかに夏山キャンプの夜は更けた。

そして次の日は湖でSUP(スタンダップ・パドルボート)に初挑戦。エボリューション上條氏にお世話になった。

IMG2819SUPweb.JPG
 ↑ 上條氏(右)から乗り方 漕ぎ方のレクチャーを受けて、正座〜立て膝〜立ち上がり、しばし練習。白キャップがカミカゼ。
驚いたのは、このSUPは空気で膨らませているもので、たたむとバックパックになり背負えるのだ。

IMG2821SUPweb.JPG
 ↑ いざ湖上へ。バランス取りが体幹にじわじわ来るね!

IMG2816SUPweb.JPG
 ↑ だがしかし油断すると沈しますよ。

IMG2806SUPweb.JPG
 ↑ オサームさんはマイカヤック持参。

SUP上條さん撮web.JPG
 ↑ 慣れたところで、湖上一周ツアーに出た。1時間半くらいの水上散歩、気持ちよかった。(上條氏がSUP上から撮影)


IMG2830SUPweb.JPG
 ↑ Yeah〜 全員無事帰還。このあとランチに大町駅近く『レストランくんくん』の特大チキンカツをテイクアウト(コロナのせい)して解散した。

さらに富士見パノラマで避暑キャンプし、そろそろ帰るかと下界へおりたらあまりの暑さにたじろいだ。浜松41℃越えだった日。

まだまだ暑いけれど乗り切ろう!!





posted by Kamikaze130 at 12:13 | モトクロス

2020 まだ梅雨明け待ち

この連休も雨予報、なかなかモトクロスができないしKTMで走る写真も撮れず。。。

でも裏庭のカミカゼ農園では、オ−ガニック野菜が毎日何かしら取れます。

IMG2799畑web.JPG
 ↑ 無用プレハブを解体したところで昨年から始めた畑。広さは15畳分くらいだろうか。

IMG2791きうりweb.JPG
 ↑ キュウリは毎日2〜3本取れ、ぬか漬けに。

IMG2793ししとうweb.JPG
 ↑ ししとう。これも日に10本くらいづつ取れる葉緑素。焼きが美味い。

IMG2795おくらweb.JPG
 ↑ 今年はオクラも順調。虫がいるのが見えますか? 無農薬ゆえ。

IMG2797とまとweb.JPG 
 ↑ 色づき待ちのミニトマト。ピクルスにすると圧倒的に美味しい。

IMG2796すいかweb.JPG
 ↑ スイカが笑える。ちゃんと中は赤くなります。

その他、ナス、つるむらさき、しそ なども毎日少しずつ、野菜を食べて健康キープ。

posted by Kamikaze130 at 16:07 | モトクロス