2018 ワールドVET

11月2〜4日にカリフォルニア州グレン・ヘレン・レースウェイで開催された
『第34回ワールド・ベテランズ・モトクロス・チャンピオンシップス』に参戦してきました。
01BM1736スタート風景web.JPG
 ↑ 世界20か国以上、延べ1300台を超えるエントリーでにぎわったワールドVET。

ゼッケン/130 マシン/ホンダCRF450R
+60エキスパートクラス参戦
土曜 2位/1位 総合1位
日曜 2位/2位 総合2位

BM2102土曜ヒート2web.JPG

土曜はライバルのピート・ディグラーフは出場しておらず、代わりに「新たなライバル出現」状況となり、ヒート1はワシントン州の#64マーク・カストナーがトップフィニッシュしたが、ヒート2で踏ん張って1位となり、総合優勝できた。ゴール直後には『勝利者インタビュー』も受け、「土曜+60エキスパートクラスはワールドVETでもすっかりお馴染みニッポンのイダが獲りましたー!」とアナウンスしてもらった。

BM1855土曜ヒート1web.JPG
 ↑ ワールドVETでほぼ初めて見る名前、#64マーク・カストナーは元AMAのレジェンド。うーむ、相手にとって不足はないっ。

BM1871土曜ヒート1web.JPG
 ↑ 日の丸もはためくグレンヘレンでトップのマークを追いかけるカミカゼ。

AM1345日曜ヒート2web.JPG

そして日曜は、#16ピート・ディグラーフ(カナダ・64歳)との一騎打ちレース。まったく衰えを見せないどころかさらに速くなった感のあるピートに喰いついて走り、きのうのライバルは引き離して、2位/2位の総合2位。ウーン、今年も2位か!悔しい!!
AM1025日曜ヒート1web.JPG
BM1826土曜ヒート1web.JPG

AM1044日曜ヒート1web.JPG
 ↑ ホールショットのあと一気に山頂に駆け上がるカミカゼ。

AM1041日曜ヒート1web.JPG
↑ ピートとバトる。
AM1284日曜ヒート2web.JPG
 ↑ ヒート2の第2コーナー手前。アウトからピートが、インからカミカゼが行く。後ろの#49はオクラホマのレジェンド、トレイ・ジョルスキ。6番手に#34チャンドラー佐藤がいる。

土曜・日曜の4ヒートともに(さらに前週のローカルレースの2ヒートでも)すべてホールショットを決めたのは満足だった。

ライディングテクニック、セットアップ、体調、作戦、etc、限られた時間の中で集中し、レースを堪能し、今この時のベストを尽くして走った。

スポンサー各社の皆様、おかげさまで今年も精いっぱい走りました。多くの方々からの応援、ご声援ありがとうございました。

走り終えたとたん、来年はもっとああしてこうして、、、と今から言ってます。

◆ワールドVET公式サイト(リザルト・2019情報等)


◆それでは以下に、出発した10月25日から日を追ってアップします。

◆10月25日(木) NARITA〜LAX〜RIVERSIDE
IMG1615成田出発web.JPG
 ↑ ライディングギア(JT、SHOEI、ガエルネ、ラフアンドロード)バッグ2個、タイヤ(IRC)装着した前後ホイール(DIDリム)を持って成田を出発。同日午後ロサンゼルス到着、レンタカーのカーゴバンで一路、リバーサイド方面へ。


◆10月26日(金) RIVERSIDE
IMG1619ガレージにてweb.JPG
 ↑ ガレージにてSHOWAサスペンション等セットアップ作業。まだ時差ボケの中で。


◆10月27日(土) GLEN HELEN (SAN BERNARDINO)
IMG1624REM受付web.JPG
 ↑ グレン・ヘレンのローカルレース『REMモトクロス(オクトーバークロス)』参戦、朝7時に行き当日エントリー。毎年ハロウィン真っ盛りの時期なので受付のボードも可愛い。

IMG1637REMスタート前web.JPG
  ↑ REMでの日本人ライダーはカミカゼ1人だけ。本番は来週末なので、まぁ肩慣らしということで、セッティングしながら+60エキスパートクラスを走った。で、アメリカ生まれのJTウェアが周りに意外と少ない、人気はFASTHOUSEとオニール。

BM1475REMヒート1web.JPG
 ↑ 久しぶりのグレンヘレンだったが、ヒート1からホールショットが決まって、トップ走行へ。

BM1492REMヒート1web.JPG
 ↑ 全開、全開のグレンヘレン! このぶっ飛ばし感がたまらない。

IMG1648コース研究web.JPG
 ↑ レースの合間はコース研究。AMAプロモトクロスとはちがって誰でも走れるレイアウトになっている。が、サンドのコーナーは結構テクニカルだ。

BM1555REMヒート2web.JPG
 ↑ ヒート2もロケットスタートで引き離す。周りはほとんどワールドvETライダーだ。ほぼワールドVETのコースでおこなわれるので、みんな予行演習として出ている。少しでもコースに慣れたい海外遠征組も結構来ていた。

IMG1643REM盾web.JPG
 ↑ 前哨戦はまず無事にピンピンの総合優勝。みんなと「また来週ね」と言い合い、スーパーでステーキ肉と野菜とビールとワインを買い、ホテルへ帰って洗濯。

この日は常宿のよく知ったホテルだったが、通された部屋では「テレビがつかない!」「電子レンジが壊れている!」などトラブル続々。ようやくTVリモコンや電子レンジを交換してもらって一件落着。お手頃価格の宿は想定外のことも色々ある。


◆10月27日(日)・28日(月) RIVERSIDE・ONTARIO 
洗車、ウォーキング、買い物など。
日本では売っていない頼まれ物など、チャパラルやMSRに行くとちゃんとあるのがエライ。

IMG1662ルビドーweb.JPG
 ↑ リバーサイドのルビドーは岩石山。麓のPから遥か上方の白い十字架のところまで小1時間のウォーキングは、レース後の筋肉をほぐし、時差ボケを消すコンディショニングにちょうどいい。

IMG1670ルビドーweb.JPG
 ↑ ルビドー山頂は風が爽やか。観光地ではなく地元の人々のウォーキングエリアといった場所。


◆10月30日(火) COMP EDGE (HESPERIA)
IMG1685コンプエッジでweb.JPG
 ↑ コンプエッジのコースでチャンドラー佐藤くんと待ち合わせて練習。チャンドラー夫妻は先週末はベーカーズフィールドのNASCAR観戦を楽しんでいたらしく、この日が渡米後の初ライドとのこと。

そしてこの日は北海道レジェンドの源治篤くんが札幌〜成田〜オンタリオ入り、夕方のホテルで合流。

IMG1715夕食web.JPG
 ↑ キッチン付の部屋で夕食を日々自炊。外食するより断然安く、レースパフォーマンス発揮に赤身肉を、コンディション維持にアスパラやセロリ、トマトにベビーリーフなどオーガニック野菜など自在。
これにビールとカリフォルニアワインでOK、『塩分・糖分・脂肪分』を考慮した中高年アスリート向けディナーになる。

IMG1689夕食web.JPG
 ↑ 「レース前は炭水化物も摂らねば」ということで、焼きそばとチャーハンの入った中華料理をテイクアウトする日もある。サーモンやティラピア(いずみ鯛))など魚がメインの日もある。
これにビールとカリフォルニアワインで(以下同文・笑)。


◆10月31日(水)RIVERSIDE
午前中ガレージでレース準備作業のあと、源治くんとMSRへ。
IMG1692MSRweb.JPG
 ↑ いつ来ても賑わっているMSR。中古車市場も好景気。

IMG1697MSRweb.JPG
 ↑ マルコム・スミスのミュージアムには往時のビンテージマシンが展示される。



◆11月1日(木)GLEN HELEN
この日はグレンヘレンの一般走行日で、カミカゼは再びコース研究の日。源治くんはワールドVET用のレンタルバイクに対面し、セッティングライドだ。STAPOで2019新車CRF450Rを借りていた。

AM0708ダニーハンセンとweb.JPG
 ↑ アメリカンレジェンド、ダニー・ハンセン(右から2人目)と再会を喜び合う。この日はプライベートレッスンをしていたようだ。

AM0674ピートとweb.JPG
 ↑ カナダのピート・ディグラーフ 64歳と。+60エキスパートクラスの宿命のライバルだ。カミカゼより2歳年上だがオニのように速いディフェンディングチャンピオン。
カミカゼが被っているオニールのキャップは、ジム・オニール社長(+70クラス出場)から直々にいただいた。


11月2日(金)GLEN HELEN
ワールドVET公式練習日と受付日。コースはすべてワールドVET用となり、年齢別に交代で練習走行する。
この日からはワールドVETライダーだけがピット設営することとなり、あちこちに顔見知りも。

AM0743マーティスミスとweb.JPG
 ↑ 似た人がいるなぁと思えば本物のマーティ・スミスだった(左から2人目)。日本のことを褒めまくってくれる親日家レジェンドだ。

AM0761ハワイチームとweb.JPG
 ↑ こちらはハワイ州オアフ島からの3人組。アロハ〜(ハワイ語はそれしか知らないし)連発。

AM0716ホテルweb.JPG
 ↑ レースウィークの週末はグレンヘレンへのアクセスが便利なコルトンの町に宿泊した。
源治くんとは別のホテルになったが、毎晩部屋で一緒に夕食宴会していた。



11月3日・4日 GLEN HELEN

いよいよ決勝レースである! 1年間の集大成を存分に発揮したい。
IMG1763レース前web.JPG
 ↑ レースを前に、カミカゼもチャンドラーも『武士の精神集中』、静かな日本ピット。

AM1013ウェイティングにてweb.JPG
 ↑ 自分のクラスの2つ前のレースが始まる頃にウェイティングエリアへと向かう。#16はライバルのピート、背が高く450にも両足がべったり着くのが羨ましい。ピンクのタンクトップがピートの奥さん。

AM1236ホールショットデバイスweb.JPG
 ↑ チャンドラーにホールショットデバイスをセットしてもらう。

AM1015スタートにてweb.JPG
 ↑ スタートではいつも源治くん(+55エキスパートクラス出場)がサポートしてくれた。

AM1267日曜ヒート2へweb.JPG
 ↑ 集中。集中。 源治くんが着ているTがライダー達に人気絶大。


AM1119日曜ヒート1web.JPG
BM2112土曜ヒート2web.JPG
 ↑  土曜はヒート1を#64マーク・カストナーに獲られたがヒート2で獲り返した。見知らぬ外人さん達があちこちで
応援してくれたのは嬉しかった。

AM1080日曜ヒート1web.JPG
AM1090日曜ヒート1web.JPG
 ↑ 日曜は#33アリゾナ州のエリック・マッケンナと2番手争い。当然だが年ごとに+60クラスに上がってくる年下ライバルが増える。

日曜は総合2位だったが転倒もケガもなく走り切り、また来年につなげます。

BM2279ポンダーweb.JPG
 ↑ レースを終えてポンダーを外したら、『ライアン・ダンジー 5』と(笑)。ほほう、いつのですか?

IMG1777打ち上げweb.JPG
 ↑ お疲れ様! 各々ワールドVET満喫のチームニッポン、リバーサイドの韓国焼肉で打ち上げ!また来年ね!


◆2018ワールドVETの模様は、
月刊ダートスポーツ 1月号 (11月24日発行号)  
月刊単車倶楽部 1月号 (11月24日発行号)
Web.MrBike(Webマガジン)
月刊ミスターバイクBG 1月号(12月14日発行号)
にて掲載予定です。


posted by Kamikaze130 at 12:44 | モトクロス

10月7日 クラブマンモトクロス第102回全日本で全開♪

年に1度の『MCFAJ 全日本モトクロス競技会』が10月7日、軽井沢モーターパークで開催され、GPクラスに出場した。

MCFJAは60周年、この大会も第102回を数え、なかなか重みのあるイベントだ。

しかしながらGPクラス(=MFJのIA相当クラス)にはカミカゼ以外にエントリーはなくさみしい限り。元IAのみんなーもっと走って楽しもうよ。SE(スーパーエキスパート)クラス(=MFJのIB相当クラス)との混走は恒例で、SEのトップライダー達と競い合った。20分プラス1周を2ヒート。

BM1066H1スタートweb.JPG
 ↑ ヒート1、カミカゼのオハコ、スタートダッシュ。

BM1080H1ホールショットweb.JPG
 ↑ ホールショット奪取から2コーナーへ。#1はSEチャンピオンの西信明選手44歳。

BM1092ヒート1web.JPG
 ↑ 西選手とバトる。ラスト5分から西選手も疲れた? カミカゼリード。

BM1326ジャンプ遠景web.JPG
 ↑ 快晴のベスコン、ぶっ飛ばした。

BM1305ヒート2web.JPG
 ↑ ヒート2は序盤に大内ケンヤ選手が頑張って西選手との3台でバトる。

BM1348ジャンプweb.JPG
 ↑ サスセッティングも決まり、快適ジャンプ

BM1353カトーギさんにweb.JPG
 ↑ VET仲間のカトーギさん63歳の応援。他にも皆さんコースサイドで応援ありがとうございます。パワーもらいます。

BM1147チェッカーweb.JPG
 ↑ まぁGPクラスは完走すれば優勝だが、それよりも自分に納得いくようきっちり走った。

BM1435ポディウムweb.JPG
 ↑ ポディウムで挨拶。てっペー氏からバースデープレゼントに貰ったサングラスをかけて。

●イベントの模様は月刊ダートスポーツ 10月24日発行号で掲載予定です。


posted by Kamikaze130 at 10:30 | モトクロス

9月23日、アマチュアMXチャンピオンシップで全開♪

9月23日はオフロードヴィレッジで『ウォ−スペイント アマチュアMXチャンピオンシップ』が開催され、レジェンドクラスにエントリーした。

レースは8分プラス1周、実質10分ほどで周回6ラップ。を2ヒート。

元A級が対象のレジェンドクラスには、黒沢良太君や君山竜君、城田賢一君など、カミカゼよりかなり年下ぞろい。黒沢選手や君山選手はウチの息子より遥かに若いじゃないか。。。この日は+60なのも、孫がいるのもカミカゼだけである。まぁ、順位よりも、カミカゼなりに納得のいく良い走りを目指す。


BM0657レジェンドヒート1web.JPG
 ↑ 午前のヒート1、#81のカワサキは城田選手。

BM0662レジェンドヒート1web.JPG
 ↑ ホールショットからのトップバトルに食い込む。#1黒沢良太選手。#107はマスターズライダーでもある鈴木一昭選手。
セッティングがベストではなかったものの、黒沢選手、君山選手に次ぐ3位でフィニッシュした。

BM0831レジェンドヒート2web.JPG
 ↑ 午後のヒート2は少しセッティングを変えてスタート。思い通りのダッシュが決まった。

BM0839レジェンドヒート2web.JPG
 ↑ スタートをぶっちぎるカミカゼ。

BM0852レジェンドヒート2web.JPG
 ↑ その後は君島選手(#143)、黒沢選手(#1)と楽しくバトルした。カミカゼは午前と同じ3位でゴール、総合3位獲得! 調子よく、楽しく走った。

AM0527レジェンド表彰web.JPG
 ↑ レジェンドクラス表彰台。なななんと、3位の賞金をいただいた!ので、帰りにディナー用豪華食材を購入することができた。ありがとうございました!

ちなみに、両端に写っている女子2人は福本社長の知り合いで、この日のレースクイーンにスカウトされたそうです。さすが福本社長。


posted by Kamikaze130 at 12:45 | モトクロス

走り込み 〜 父90歳の誕生会

夏の暑さも治まり、時間を作っては走り込みしています。

先日はウィンズモトクロスパークで練習、先輩レジェンドの赤松勝さん(元ブリヂストンファクトリー)も一緒だ。

この日はモトクロス仲間で、ケガ療養中のY子りんに写真を撮ってもらった。

20180908赤松さんウィンズ津下ゆうこりん撮.JPG
 ↑ 赤松さん。70歳を越えてますます元気に開ける。


20180908ウィンズ津下ゆうこりん撮影.JPG
 ↑ カミカゼ。サンド質攻略の練習。


そして別の日は、『カミカゼの父・イチロウ』卒寿の祝いを自宅で、親戚が集合し、バーベキューや、熊本より取り寄せの馬刺しなど食べつつ賑やかに呑んだ。

20180909IMG1604web.JPG
 ↑ カミカゼの父 イチロウ郎用スペシャルケーキ。

20180909IMG1592.JPG
 ↑ みんなにハッピーバスデー♫ を唄ってもらい、「やぁ〜♪ スゴイなぁ」と喜び満開、ローソク吹き消すイチロウ、90歳。

20180909IMG1611web.JPG
 ↑ カミカゼの両親、長男長女、妹夫婦、甥っ子姪っ子とその家族でチーズ♬






posted by Kamikaze130 at 12:04 | モトクロス

2018夏休み

8月11日、ウィンズアサノでの軽い走り込みで始まったカミカゼの夏休み。
お盆にはお寺へ行き、自宅で天ぷら揚げ奉行をし、庭の草刈りをしたり、花火大会に行ったりと年齢相応に(?)過ごした。

20180814伊田家IMG1560web.JPG
 ↑ 親子4代で天ぷらと寿司のランチ。カミカゼの父(左)は今年90歳になる。

20180814伊田家IMG1563web.JPG
 ↑ 孫は2歳4か月。カミカゼを見ても泣かなくなった。

20180815諏訪湖花火IMG1577web.JPG
 ↑ 15日、諏訪湖花火大会へ。セッティングしてくれた友人のおかげで、打ち上げ場所近くのヨットハーバーにクルマを入れ、飲みながらゆったり楽しんだ。花火会社対抗の競技会もあってかなりの迫力。4万3000発もすごいが、観客50万人もすごい!
しかしやはり「花火モードの無い」ファンカメラではこれがやっとだった。(←撮影係りの無念)

翌日は、富士見パノラマで避暑キャンプ宴会を予定するも雨天、なので『勝味庵』でとんかつを食べ、『もみの湯』温泉に浸かり、農学校で地野菜など買い、大人しく帰宅。

20180818しどきIMG1580web.JPG
 ↑ 週末は再び目を覚まし(笑)、久々にしどきで走り込んだ。ハイスピードコースなので目を慣らすのに良いトレーニングになる。

ワールドVETまで2か月余り、走り込みしながら体調を整えます。







posted by Kamikaze130 at 11:43 | モトクロス

MCFAJ第7戦軽井沢で全開♪

先月の転倒で痛めた首、肩周辺を整骨院に通って気遣いながら徐々に修正、しばし調整の日々だった。


8月5日のMCFAJ第7戦・軽井沢 に遠征、暑さと土ホコリの中、みんなと楽しくバトルし、順調に走ることができた。

それにしても、SEクラスと混走とはいえ、GPクラスはカミカゼ1台のみ、ライバル不在は寂しい。タブチくんも来てなかったし。

撮影係不在のため今回は写真ないです。


ワールドVETまでケガせず調子を上げていきたい。


posted by Kamikaze130 at 07:11 | モトクロス

7月8日 MCFAJはヒート1リタイア

7月8日 オフロードヴィレッジで開催された『MCFAJ クラブマンモトクロス第6戦』 GPクラスに参戦しましたが、
ヒート1で他ライダーと接触転倒があり、ライダー、マシン共に少々ダメージがあったため、残念ながらリタイアとしました。

ライディングの調子は良いので、双方しっかり治します。

BL0006伊田web.JPG

BL0016伊田web.JPG

BL0030伊田web.JPG

posted by Kamikaze130 at 11:25 | モトクロス

お知らせ

7月15日の WER・ウィークエンドレーサーズin菅生 に併催を予定し準備を進めていた『ジャパン・マスターズ・オブ・モトクロス』でしたが、残念ながら、最少催行台数に満たない等の諸事情により中止といたしました。

エントリーいただいていた方には連絡を終えました。

そういうわけで、フェイスブック等ネット上で併催告知がされましたが、観戦等を予定されていた方もなにとぞご了承ください。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
posted by Kamikaze130 at 12:32 | モトクロス

AMAプロモトクロス記事がWeb Mr.Bikeにアップされました♪

5月に観戦取材したAMAプロモトクロス開幕戦&第2戦の記事が Web.MrBikeにアップされています。
フル参戦中の日本人ライダー2人を取り上げています。ぜひご覧ください!


『全米プロモトクロスに挑む二人の若武者』

posted by Kamikaze130 at 10:37 | モトクロス

AMAナショナル観戦と走り込み練習 inUSA♪

5月19日にカリフォルニア州ハングタウンで開幕したAMAナショナル(プロモトクロス)、翌週の第2戦グレンヘレンを観戦・取材し、その合間の平日に練習ざんまいするゼータクな2週間を過ごした。

まずはコンパクトなレンタカーを借り、リバーサイドから一路サクラメントへ。
IMG1362サクラメントへweb.JPG
 ↑ 気合いの8時間移動、ブドウ畑〜オレンジ畑〜サクランボ畑〜ザクロ畑〜がひたすら続く5号線。時間に余裕のある場合(移動途中1泊しながら)は海沿いの1号線ルートを行くほうが「素敵な景色」らしいが、カミカゼは弾丸特攻移動だ。

IMG1522プレスパスweb.JPG
 ↑ 今回はインタビュアー役でプレスのヒトである。

IMG0015開会式.JPG
 ↑ うーむ、広大。ハングタウンは、コース全体の外周にぐるりと観戦エリアがあるレイアウトだ。屋根付きスタンド席はVIPチケット席で200ドル300ドルする。一般チケットは50ドルくらいで当日も買える。

AL7135ハングタウンレースweb.JPG
 ↑ 5月19日(土)開幕戦! やはりナショナルの現場はすごい。凄すぎる。あそこをあのスピードで走るとは。完璧に圧倒されながらも会場じゅうをぐるぐるまわって大観戦。

BL4318スマイルweb.JPG
 ↑ ケン・ロクスン復帰! 手の縫い跡が痛々しい。きゃしゃなカラダで華麗に走るドイツ人。

AL7576トマックweb.JPG
 ↑ イーライ・トマック絶好調、開幕からピンピン続き。連続チャンピオンなるか? カミカゼがMTBダウンヒルライダーだった90年代、イーライのお父さんジョン・トマックもMTBトップライダーだった。

AL7287ムスキャンweb.JPG
 ↑ ムスキャンも細かった。しかしあのタフな走りは何だろう! USA暮らしでもフランスのTVしか見ないというフランス人。

AL6990ハングタウンweb.JPG
 ↑ 開会式典で、カウガールたちによるかっちょいいパフォーマンス

BL4333ブラッドラッキー夫妻web.JPG
 ↑ 世界的レジェンド ブラッド・ラッキー夫妻もVIP観戦。 

IMG1376富田選手web.JPG
 ↑ HRCの富田俊樹選手。なかなかクールな走りで頑張っていた。ケガしないようにね。

AL7312ムスキャンにweb.JPG
 ↑ 表彰式で、ムスキャンからシャンパンを分けてもらうファン。こういうラフなシーンもアメリカ。

IMG1421ストレージでweb.JPG
 ↑ すっかり影響され洗脳されたカミカゼは、ロサンゼルスに戻りレンタカーをカーゴバンに変え、ガレージからバイクを引っ張り出して準備万端。次週末の第2戦グレンヘレンまで、平日に練習の日々だ。

IMG1451コンプエッジweb.JPG
 ↑ チャンドラー佐藤くんと まずはコンプエッジで集合。

IMG1439コンプエッジweb.JPG
 ↑ プワーっと全開、気持ちいい、ガラガラで余裕。

IMG1480コンプエッジweb.JPG
 ↑ なにかと楽しい。

IMG1494パラweb.JPG
 ↑ そしてパラ。ここも好きなコース。

さらにマイルストンでは、ロクスン、ムスキャン、アンダーソンなど450も250も多くのトップライダーがセッティングしていてビックリ。あまりの迫力に午前中は夢中で見ていたが、午後は気を取り直し(笑)せっせと走り込んだ。

IMG0029いだ.JPG
 ↑ 続く週末は、慣れ親しんだ(笑)グレンヘレンへ。おやくそくの記念写真を。

IMG1512ピートマレーweb.JPG
 ↑ グレンヘレンでは、ワールドVETのライバルにも遭遇。元AMAライダーのピート・マレイは4歳ほど年下で不動産関係の会社に勤務していて、今も雑誌やwebマガジンでニューモデルのインプレッション記事をやっている。

IMG1518ジョーペナweb.JPG
 ↑ ジョー・ペナとは同い年で毎年一緒に走っている。心臓ペースメーカーを入れ、膝は人工関節だが全然めげずにモトクロスを楽しむジョー。

IMG0030グレンヘレン.JPG
 ↑ グレンヘレンはすぐコース脇で観戦でき、大迫力!こここでもまたトマックは異常な速さだった。
それにしてもの大ジャンプ、スゴイ、スゴ過ぎる。。。11月のワールドVETは「誰でも走れる優しいレイアウト」でよかった!



IMG0024ニュー2019モデル.JPG
 ↑ ホンダピットでは2019モデルが展示されていた。ロクスンの94番をつけたFE(ファクトリーエディション)。
たっぷりじっくり、2戦連続の観戦と取材を堪能した。

IMG1420夕飯web.JPG
 ↑ 2週間の滞在に外食は高くつくので基本はスーパーで買うステーキやシーフードをレンジ用器具で調理。オーガニック野菜、カリフォルニアワインと共にグルメ&ヘルシーな日々でもあった。

IMG1526石井さんチームweb.JPG
 ↑ そしてカミカゼが片付けにいそしむ頃、プロテック石井さんチームがBAJA500遠征で来米、マシン整備と積み込みをおこなっていた。みんなで韓国焼肉へ行き、おおいに飲んだ。みんな元気だ!


●AMAプロモトクロス取材の模様は WebMrBike にアップされました。



posted by Kamikaze130 at 08:57 | モトクロス

2018ジャパンVETで全開♪

5月6日 『第12回ジャパンVET』がオフロードヴィレッジで開催された。
カミカゼは「スーパーバイザー」役として準備をお手伝いし、当日はVET+60クラスで走って楽しんだ。


6257集合web.JPG
 ↑ ワハハの快晴、好コンディション。30歳から80歳まで、ノービスからレジェンドまで集まった。

2908スタート前web.JPG
 ↑ レジェンド限定のVETクラスは+40・+50・+60の混走、午前・午後の2ヒート。スタート前の路面慣らしで集中が高まるカミカゼ。

2945紹介web.JPG
 ↑ MCてっぺーさんによるライダー紹介で「誕生日おめでとう!」 この日62歳になりました。

2961VET+60ヒート1web.JPG
 ↑ ヒート1、ホールショットをとりにいく#193川島雄一郎くん(+40)、並ぶ#1はなんと、ヤマハ車で出場のウェストポイント福本敏夫社長(+60)! えぇ〜 福本さんホンキだ!

3382VET+60ヒート2web.JPG
 ↑ ヒート2、ダッシュを決めているのは奥から、ダイエットに成功し最後までタレなくなった大内ケンヤ選手(+40)、3年ぶりVET復帰の岡部アツシ選手(+50)がスズキで、カワサキが藤城ミツオ選手(+40)、ハスクが源治アツシ選手(+50)、一番手前のヤマハが福本社長。カミカゼは少し慎重な出だしでいく。

3391VET+60ヒート2web.JPG
 ↑ その後やはり#193川島選手がホールショットで飛び出す。続いて#7骨折がくっついていない田渕タケシ選手(+50)、#634大内ケンヤ選手、右端#891源治アツシ選手、その後に#1福本さんと#130カミカゼ。

3556伊田web.JPG
 ↑ レジェンドバトルを満喫。楽しく走った。

6571VET+60表彰web.JPG
 ↑ VET+60表彰台、2位に現役IBの宮本英治さん。3位に今年もバハ500に挑戦する唐沢栄三郎さん。2人ともカミカゼの先輩ライダーだ。

そして!
先日の全日本会場に続いてジャパンVETにも、1969年全日本チャンピオン、忠さんこと鈴木忠男さんがスペシャル企画で来てくださった。昼休みにDT-1でパレードラップと、ステージトークをしてくれたのだ。今年のVET記念Tシャツは忠さんをモチーフにさせていただいた。

6224レジェンド登壇web.JPG
 ↑ 朝の開会式でレジェンド登壇。前列中央に忠さん。MCFAJ新津会長(+80)や元ブリヂストンワークスの赤松マサルさん(+70)、雑誌界のドン森岡ススムさん(+70)などなど、日本モトクロスの重鎮大集合だ。

で、朝の公式練習が始まると、あれ? XT250で走っているこの方は、忠さんではないですか!? 
6289忠さん練習web.JPG
 ↑ 目玉マークのヘルメット、73歳なので#73.なんと忠さんヴィンテージクラスにこっそり当日エントリーしていた。しかしその後エンジンがごきげんナナメになったらしく、残念ながらレースは走られなかった。モトクロス熱が再び目覚めてしまったようで、忠さんブログには「次回はちゃんと仕上げてエントリーだ!」と書いてあります。
忠さんブログ『今夜も最高』2話にわたり

そして昼休みのひととき、忠さんが見せてくれた。
3268デモランweb.JPG
 ↑ 50年前の衣装を再現し、『1969年型ファクトリーDT-1鈴木忠男レプリカ』でパレードラップ。今もさすがの走りだ。忠さんはすごい!(協力:ホーリーエクイップ/プロストック/パウダーコーティングカトー)

3308ハイタッチweb.JPG
 ↑ 走り終えて、エントラントのみんなとハイタッチ。もちろんカミカゼもだ。50年前といえばカミカゼが小学生だった頃、授業中の机の下でバイク雑誌を見ながら「忠さん すげぇなぁかっこいいなぁ!」と憧れていたのだった。

6515サイン会web.JPG
 ↑ だから今回のVET記念『忠さんTシャツ』にサインもいただいた。大スター忠さん。嬉しい!


6482花束贈呈web.JPG
 ↑ ステージトークで。ヤマハつながりの吉原トモマサさん(+60)が花束プレゼンターを務めてくれた。

6495トークweb.JPG
 ↑ ステージトークは主に1967年から1970年当時のレースやバイクのこと、MFJ最優秀選手でヨーロッパ遠征した時のあれこれ、爆笑トーク連発で盛り上がる。それにしても月給が3万円の時代にヨーロッパへの飛行機代が56万円だったって。。。驚いた。忠さんいわく「僕のぶんはMFJが出してくれたけれど、新婚旅行を兼ねて一緒に行った嫁さんのぶんは僕が払ったからね、56万円したのを覚えてるんだよ!」だそうで、そのときオランダのナショナルでピンピン優勝した忠さん、ホントに凄すぎます。

2900忠さんブースweb.JPG
 ↑ 『ヤマハDT-1発売50周年と逆ハンの忠さん スペシャルブース』(byホーリーエクイップ)も大好評。日本モトクロスの歴史を伝える素晴らしいブースだった。奈良県のホーリーエクイップは、4月のチキチキVMXと全日本モトクロス、そしてこのジャパンVETで奈良と埼玉を毎週往復して、この日はヴィンテージクラスも走って盛り上げてくれた。


エントラントの皆様、ご協賛・出展いただいた企業様個人様、ウェストポイント並びにスタッフ関係者の皆様、ありがとうございました!
何歳になっても元気に趣味のモトクロスを楽しむ VETライダーの輪を広げていきましょう!


★ジャパンVETの模様は 月刊ダートスポーツ 5月24日発売号に掲載されました。

★ジャパンETの模様は、月刊単車倶楽部 5月24日発売号に掲載されました。

★総合リザルトとイベント全体のダイジェスト写真は ウェストポイントweb ジャパンVET公式サイトにアップされています。ポディウムは全員アップされています。

ではまた来年〜〜!





posted by Kamikaze130 at 11:45 | モトクロス

ジャパンVETで鈴木忠男氏SPLブース&忠さんご来場決定!

★5月6日 ジャパンVET@オフロードヴィレッジに、

忠さん ことレジェンド 鈴木忠男さん来場&SPLブース開設!★

話題沸騰だったモトクロス全日本に続き、ジャパンVETにも『鈴木忠男トリビュートブース』を開設、忠さんも来場して、
昼休みにパレードラップ(天候路面良好の場合)&レジェンドステージをおこないます。
今年の記念Tシャツは忠さんのデザインですから、サインをいただけますね!
当日エントリーもあります、エントリー先はウェストポイントさんです。...
エントリー案内http://www.westpoint.co.jp/2018vet_shousai.pdf

JAPANVETロゴIMGweb小.jpg


posted by Kamikaze130 at 10:22 | モトクロス

2018ジャパンVET協賛社!

◆2018ジャパンVET情報/協賛スポンサー様(4月20日確定)


モトライフ 様        北海道レジェンド源治篤さん、走ります!
フルカワグリーンシャドウ様  佐賀県のバイクショップ、レジェンド古川社長!
イマジンマツダ 様      沖縄のレジェンド 松田強さん!
モトハウス 様        MHPサスペンション、レジェンド山下社長!
ミゾエメタル 様       北海道から初協賛いただきました!
バイクショップハラグチ 様  レジェンド原口衛さん、毎年参加です!

テクニカルスチール 様    社長も初エントリーします!

ホーリーエクイップ 様    鈴木忠男氏トリビュートブース開設します!

井上ゴム工業 様       豪華賞品あります!

ウェストウッド井原商会様   第1回から応援いただいています!
プロストック 様       MX関連用品のプロストック様!
ジャペックス 様...      ガエルネブーツが誰かに当たる!
 SHOEI 様          豪華賞品あります!
ラフアンドロードスポーツ様  第1回から応援いただいています!
円陣家至高油類商 様     ブースあり、オイル注入サービスあり!

東希和商会 様        新潟県糸魚川の久保守様!
メディカルマネージメント様  ブースあり、レジェンド古田社長!
造形社ダートスポーツ 様(メディア掲載)岸澤編集長初参戦!楽しい記事に期待!


【イベント告知】
30歳以上のアマチュアライダー・サンデーライダーを対象としたモトクロスイベント『2018 第12回 ジャパン・ベテラン・モトクロス・チャンピオンシップス』(通称ジャパンVET)が、今年も開催されます。オフロードヴィレッジを会場に、ベテラン向けの和気あいあいの内容です。ここまで継続してこれましたのも一重に、応援くださる皆さまのおかげです。

●開催日:2018年5月6日(日)  ●会場:埼玉県 オフロードヴィレッジ 特設コース
●主催・運営:ウェストポイント  ●事務局:ウェストポイントクラブハウス(TEL.049-226-4141)
●スーパーバイザー :カミカゼスポーツ 伊田井佐夫(TEL.048-269-3389)


【開催の主旨】
何歳になっても年齢相応に永く楽しむモトクロスの普及。生涯の趣味として、モトクロス文化が日本にも深く根付いていって欲しい。イベントの誕生は2007年、伊田井佐夫がアメリカの『ワールドVET』参戦を通じ、その大会形式をベースに日本向けの『ジャパンVET』を企画、現在は主催運営をウェストポイントが手掛けます。
参加条件は30歳以上ということのみ。クラスは年齢別と技量別に分かれ、初心者から同レベル同士が走って楽しめます。年1回このイベントがあることで、多くの中高年ライダーが、趣味のモトクロスを継続する環境作りと、再開するためのきっかけ作りを目指しています。

JAPANVETロゴIMGweb小.jpg

posted by Kamikaze130 at 10:27 | モトクロス

全日本MX観戦とジャパンVETブース開設♪

4月21〜22日 MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第2戦がオフロードヴィレッジで開催された。
カミカゼはジャパンVETブースを出しつつ、じっくり観戦も。

AL6019VETブースweb.JPG
 ↑ ジャパンVETブース。ジャパンVETを主催するウェストポイントさんは、この日の全日本の主催でもあり多忙極まるので、ジャパンVETスーパーバイザーのカミカゼが、毎回ブースを出して宣伝している。今回はキャッチとして、レストアされたばかりの1979年型KX125を展示した。
VET仲間はもちろん、昔からの知り合いやファンの方など様々な人が訪ねて来てくれてありがたい。

AL6037川島選手とweb.JPG
 ↑ 全日本会場はいつも多くのスポンサー様、仲間、先輩、後輩に会える場所。HONDAエリアで仕事中の後輩レジェンド川島雄一郎くんと。

AL6038SHOEIブースweb.JPG
 ↑ SHOEIブースでは久しぶりにエビサワさんと会い、進化著しい新型ヘルメットを見せてもらう。

AL6041スノーバイクweb.JPG
 ↑ これがスノーバイク。ドリームトキ製のリア周りを装着した『SNOWLEOPARD』。また「北海道に乗りに行きたい病」が出てしまうー。

IMG1342ダグさんとweb.JPG
 ↑ 毎年ワールドVETで会う世界的レジェンド、ダグ・デュバックさんがYAMAHAのアドバイザーとして来ていた。本当にいつもナイスガイなのだ。

BL2717ナリタweb.JPG
 ↑ レースのほうは、IA1ヒート1でホンダワークス成田アキラ選手が逆転勝ち。1位/5位で総合3位。

BL2802ケイまこりんweb.JPG
 ↑ カワサキワークスの小方誠選手は2位/2位で総合2位。ヒート2でホンダワークス山本鯨選手を鋭くパス。

BL2809あらいちゃんweb.JPG
 ↑ IA1総合優勝はカワサキワークスの新井ヒロアキ選手。ヒート2は単独トップ走行だった。


posted by Kamikaze130 at 13:18 | モトクロス

2018のウェアです

2018年のカミカゼの衣装です。

BL1820伊田2018プロフィール用2web.JPG

BL1803伊田2018プロフィール用web.JPG

BL1834伊田2018プロフィール用3web.JPG


posted by Kamikaze130 at 16:04 | モトクロス

3月25日 MCFAJ@MX408で全開♪

MCFAJクラブマンモトクロス第2戦が3月25日、茨城県MX408で開催され、GPクラスを走った。

BL1850スタートweb.JPG
 ↑ モトクロス日和の好コンディション。GPクラスにはIA2の横山選手、レジェンド平井選手もいて、SEクラスと混走で賑わった。#130カミカゼのJTウェア、おニューである。

BL1868伊田web.JPG
 ↑ ヘルメット、ウェア、ブーツ、マシンと全体良い感じにデザイン。19歳IA2の横山選手に続き、快調にぶっ飛ばす。

BL1933伊田web.JPG
 ↑ from behind

BL1920ヒート2web.JPG
 ↑ ヒート2は#634大内ケンヤ選手がハリキル。ケンヤ選手は体重を10kg絞ってきてレース後半も持久力が出た。

BL1941ケンヤ伊田web.JPG
 ↑ ラスト2周で追いついた。このあとラスト1周でカミカゼがトップに出たが、フープスで再びパスされた。

BL1960表彰web.JPG
 ↑ GPクラスポディウム。1位横山遥希選手、(彼のお父さんは41歳だって・・・!)2位カミカゼ、3位に元IA平井亨選手。

速いライダーに囲まれ、とても良い鍛錬になった。



posted by Kamikaze130 at 15:58 | モトクロス

2018ジャパンVET5月6日開催決定!

第12回ジャパンVETは5月6日 オフロードヴィレッジで開催!
主催・運営事務局はウェストポイントさんです。

参加条件は30歳以上、それだけ。ノービスからエキスパート、レジェンドまで、すべてのライダーに向けたベテランモトクロスです。年齢別と技量別のクラス分け、ベテラン向けレイアウトで、怖い思いをせず楽しめます。


JAPANVETロゴIMGweb小.jpg




posted by Kamikaze130 at 11:57 | モトクロス

3月4日、上越国際で爆滑♪

新潟県 上越国際スキー場で モトクロス仲間とスノースクート。
春の雪になってきた。終日晴天に恵まれ、素晴らしい眺望を愛でながらの大滑降。

IMG1295上越国際web.JPG
 ↑ Yeah〜  スノースクート歴20年のベテラン(カミカゼ)から今シーズン始めた人まで、一緒に滑れるのがスノースクートの楽しいところ。山頂にて。

IMG1302上越国際web.JPG
 ↑ あっというまに直滑降でぶっ飛ばしていくカミカゼ(赤ジャケット)

IMG1297上越国際web.JPG
 ↑ 上越国際は、広い。ゲレンデ間をリフトで移動する場所もある。

IMG1311上越国際web.JPG
 ↑ いまどきスキー場は日曜も空いてて快適

IMG1307上越国際web.JPG
 ↑ 気持ち良し。

IMG1313上越国際web.JPG
 ↑ 八海山をはじめ名峰が美しい


すでにモトクロスも始まっているが、もう1回くらい行きたい。忙しい(笑)。






posted by Kamikaze130 at 10:00 | モトクロス

2月25日 MCFAJ開幕戦で全開♪

2018 MCFAJクラブマンモトクロスがオフロードヴィレッジで開幕、GPクラスに参戦した。

AL5291伊田web.JPG
 ↑ 朝の開会式で GPクラスの昨年度ランキング表彰を新津会長からいただく。ランキング1位は田渕武くん、カミカゼは2位認定証。今年も楽しく走ります!

BL1292伊田web.JPG
 ↑ GPクラスとSEクラス ヒート1の第1コーナー。大外から田渕くん(ルーストだけ写っている)がホールショット。手前#634大内ケンヤ選手、#41パワーバンドの木村選手。

BL1337伊田web.JPG
 ↑ 気温が低く、久々のレースなので慎重に走る。セッティングもまだ完全ではなくヒート1は不完全燃焼気味。

BL1443伊田web.JPG
 ↑ ヒート2、GPクラスの3台 #386横山選手(今年MFJでIA2を走る19歳)、田淵くん、カミカゼ。このあと田渕くん大クラッシュで鎖骨・肩甲骨・肋骨が折れてしまったらしい。早く治りますように。

BL1345伊田web.JPG
 ↑ ヒート2も安全に走りGPクラス総合2位。今年も秋のワールドVETに向け、MCFAJ、ジャパンVET、ジャパンマスターズなどで鍛えていきます。一緒に走りましょう!

★30歳以上ならノービスから誰でも出て楽しいジャパンVETは5月6日オフビ、5月6日オフビ! 詳細は主催運営ウェストポイントさんの発表を待ちましょう!

posted by Kamikaze130 at 11:49 | モトクロス

ガエルネSG10 トリコロール

愛用のMXブーツ 毎年書くが、ガエルネのSG10が素晴らしい。

これまで長らくホワイトを履いてきたが、今年はトリコロールモデル。かっこいい!
動きやすく、速やかに足に馴染む。本当に最高。

IMG1253ガエルネSG10web.JPG
 ↑ もっか新JTウェアにマーク入れ中。揃ったらポートレート(笑)撮ります。

posted by Kamikaze130 at 13:10 | モトクロス